ファン・レイデン(読み)ファンレイデン

百科事典マイペディアの解説

ファン・レイデン

ネーデルラントのルネサンス美術を代表する画家。宗教画肖像画を得意とし,特に版画家(銅版木版)としてすぐれた。油絵の代表作は《最後の審判》(1526年―1527年,ライデン市立美術館蔵),版画では《聖アントニウスの誘惑》《この人を見よ(エッケ・ホモ)》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android