コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィコシアニン フィコシアニンphycocyanin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィコシアニン
phycocyanin

藻藍素,フィコシアンともいう。紅藻および藍藻一般に存在するフィコビリン系の色素蛋白質の一種。色素の一部は青色で,フィコシアノビリンといわれる。水溶液で赤色のケイ光を出す。葉緑体中にクロロフィル蛋白質やカロテノイドとともに存在する。藍藻などから水溶液として得られる。光合成の際には重要な補助色素として役立っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フィコシアニン(phycocyanin )

藍藻類・紅藻類に含まれる青色の色素たんぱく質。光合成に必要な光を吸収し、クロロフィル(葉緑素)に伝える。藍藻素

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フィコシアニン【phycocyanin】

藻類に含まれる青色の色素タンパク質。金属を含まず,色素部分は胆汁色素と同じく開環テトラピロール構造をもつ化合物でフィコシアノビリンphycocyanobilinと呼ばれ,ペプチド結合でタンパク質に結合している。藻類の光合成系において光のエネルギーを吸収し,クロロフィルaに伝達する働きをしている。分子量は約4万5000であるが,フィコビリゾームphycobilisomeと呼ばれる高度の会合体を形成し,それがチラコイド(扁平な袋状の構造)膜表面に規則的に配列している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フィコシアニン【phycocyanin】

藍藻類や紅藻類に含まれる青色の色素タンパク質。光合成に関与する。藻青素。藍藻素。フィコシアン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィコシアニン
ふぃこしあにん
phycocyanin

藍藻(らんそう)類、紅藻類などに含まれる青色の色素タンパク質。藍藻素ともいう。色素部分のフィコシアノビリンは、ポルフィリン環の開いたテトラピロール構造をもっている。細胞内では、ラメラ構造の上に存在するフィコビリゾームとよばれる顆粒(かりゅう)中にあって、光合成の補助色素として光のエネルギーを捕捉(ほそく)し、クロロフィルに受け渡す役割を果たしている。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フィコシアニンの関連キーワードラン藻類(藍藻類)クリプト藻類フィトクロムスピルリナ植物色素吉田精一紅藻植物藍藻植物海苔藻類植物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィコシアニンの関連情報