コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリッポス[2世] フィリッポス

2件 の用語解説(フィリッポス[2世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フィリッポス[2世]【フィリッポス】

マケドニア王(在位前359年―前336年)。アレクサンドロス(大王)の父。即位後,内紛を収めてマケドニアを統一,軍制を改革し,ギリシアに進出して隣保同盟アンフィクテュオニア)の実権を握った。
→関連項目ファランクスフィリッピマケドニア王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フィリッポス[2世]【Philippos II】

前382?‐前336
マケドニア王。在位,前359‐前336年。アレクサンドロス大王の父。少年時代に父アミュンタス3世死後の王位継承をめぐる争いに介入したテーバイに人質となり,この間軍事上学ぶものがあった(前368‐前365)。兄ペルディッカス3世が西方イリュリア人と戦い死ぬと兄の子の摂政,次いで前359年王となった。彼の政策はまず周辺諸部族との関係強化に向けられ,たとえばエペイロスの王族の娘オリュンピアスとの結婚を行った(前358か前357)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフィリッポス[2世]の言及

【アレクサンドロス[大王]】より

…アレクサンドロス3世とも呼ばれる。アルゲアス王家のフィリッポス2世と西隣モロシア王家出身の妃オリュンピアスとの間に生まれ,前336年即位,2年後東方遠征の途につき,アケメネス朝ペルシア帝国を滅ぼして中央アジア,インド北西部にいたる広大な世界帝国を実現したが,その活動は内治・外征の両面で未完のまま,前323年32歳でバビロンに病没した。彼の東征と大帝国の建設を機として,東西に活発な文物交流の場がひらかれ,豊かな世界文化の時代――〈ヘレニズム〉時代がはじまった。…

【オリュンピアス】より

…古代マケドニア王国のフィリッポス2世の妃。アレクサンドロス大王の母。…

【カイロネイアの戦】より

…マケドニアのフィリッポス2世とギリシア連合軍の戦い。ギリシア北方で急速に興隆したマケドニア王国の勢力は,フィリッポス2世の下で中央ギリシアに及んだ。…

【ギリシア美術】より

…例えば青銅の技術では単に大彫刻に限らず,初期にはオリュンピア出土のグリフォン,兵士や馬の小彫像,鏡,ビクス出土の巨大なクラテル,黄金細工ではロドス島出土の打出しの黄金板,前5世紀の金・銀製の装身具などがあり,象牙の櫛,不透明・多彩色のガラス器など多くの優品をあげることができる。しかしその最大の出土品は1977年,テサロニキの南西70km,ベルジナVerginaのフィリッポス2世(アレクサンドロス大王の父,前4世紀中ごろ)の墳墓から出土したおびただしい数の財宝である。多種の宝石を象嵌した工芸品,青銅器,鉄器,ガラス細工などはいずれも精緻をきわめ,高い技術水準を物語る。…

【コリントス同盟】より

…前338年カイロネイアの戦で勝利を得たマケドニアのフィリッポス2世が同年冬,スパルタを除く全ギリシアのポリス,種族の代表をコリントスに召集,それを通して翌年樹立した組織で,ヘラス同盟ともいう。同盟は加盟諸国の相互安全保障条項を含む共同平和条約を互いに取り結ぶ形をとった。…

【フィロクラテス】より

…生没年不詳。オリュントス陥落(前348)後,マケドニアのフィリッポス2世との講和交渉を主導し,前346年に現状維持を基本とする講和(彼にちなんで〈フィロクラテスの平和〉とよばれる)を結んだ。しかし彼の慎重策はその後人気を失い,前343年に彼は講和交渉の際の収賄を理由に反マケドニア派により告発され,逃亡し,欠席のまま死刑を宣告された。…

【マケドニア】より

…彼とその弟の女奴隷の間に生まれたアルケラオスArchelaos(在位,前413‐前399)は父の嫡子を殺して王位に就いたが,彼は軍事体系の整備,首都のアイガイからペラへの移転,ギリシア文化の摂取・保護で知られる。彼の死後王位継承をめぐって国内は紛糾し,ギリシア人や周辺部族の介入もそれを複雑化したが,フィリッポス2世(在位,前359‐前336)によってその兄ペルディッカス3世(在位,前365‐前359)以来の王家の力が対内的にも対外的にも強化された。フィリッポス2世は兄の戦死後即位し,農地を開発して自由農民の生活を安定させ,彼らを長槍(サリッサ)を武器とする強力な歩兵兵団に組織・訓練し,小貴族から成る騎兵兵団と組み合わせて進んだ戦術を開発した。…

※「フィリッポス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィリッポス[2世]の関連キーワードカサンドロスデモステネスマケドニアアレクサンドロスフィリッポスΑιγαίΑιγέςカメンモストマケドニア広場マセドワーヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone