コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェス Fes

世界大百科事典 第2版の解説

フェス【Fez】

モロッコ北部の内陸都市。同名県の県都。アラビア語でファースFās,また一般にはフェズともよばれる。人口56万4000(1993)。789年,イドリース朝(789‐926)の建国者イドリース1世がセブ川上流のフェス・ワーディー(涸れ川)のくぼ地に建設したのが起源。9世紀初め,コルドバおよびチュニジアカイラワーンから多くの亡命者来住,コルドバからの者が川の右岸に,カイラワーンからの者が川の左岸に住みついてそれぞれアンダルス地区,カラウィイーン地区として急激に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェス
Fès

モロッコ中北部,フェス州の州都。中央アトラス山脈北麓,セブ川の支流フェス川に臨み,オリーブなどの果樹園の広がるなだらかな丘に囲まれる。アルジェリアなどのテル地方の東西交通の要衝にあたる。 790年イドリース1世によってフェス川の右岸に,808年イドリース2世によって左岸に町が建設され,11世紀にムラービト朝のもとで双方が合併し,イスラム世界有数の都市となり,マリーン朝治下の 14世紀中頃に最盛期を迎え,人口 20万といわれた。町は三つの部分からなる。旧市街は 1981年世界遺産の文化遺産に登録。その中心は 857年頃に建てられたカラウィーン・モスクで,2万 2000人の参詣人を収容できる。カラウィーン大学 (859) もありイスラム文化の一大中心。 13世紀に建てられた新市街には,多彩色の尖塔をもつ美しい大モスク,王宮,ユダヤ人居住区がある。 20世紀のフランス植民地時代の近代的市街が南西の台地を占める。農畜産物を集散,加工する。絨毯,モロッコ皮加工,陶器,タイル,トルコ帽などの手工業が盛ん。人口 44万 8823 (1982) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェスの関連キーワードニューポート・ジャズ・フェスティバル・イン・斑尾アッラール アルファーシーアフマド・アルバダウィーイブン・バットゥータUEDA JOINTL.Q. ジョーンズ野外フェスティバルイブン・バーッジャイブン・バーッジャaベン・ジェルーンモロッコ独立運動エドガー ヘイズタテヅカ2000ムラービト朝美術ハンク ダンカンマリーン朝美術アルファーシーサヌーシー派フェス旧市街

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェスの関連情報