フェリハイドライト(読み)ふぇりはいどらいと(英語表記)ferrihydrite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェリハイドライト
ふぇりはいどらいと
ferrihydrite

水酸化第二鉄鉱物の一つ。これまでの考え方として、水酸化第二鉄の一般式をmFe2O3nH2Oとし、mおよびnは比較的小さい数字で与えられるという概念が保持されてきたが、1973年に新鉱物として記載されたこの鉱物では5Fe2O39H2Oという大きな数字であることが判明した。世界的に広く分布しているが、結晶度の高いものが得られず、同定は比較的困難である。酸化の進んだ土壌や風化された岩石の可溶性成分の中に含まれ、また冷泉・温泉の沈殿物、とくに鉄バクテリア(Fe2+をFe3+に酸化する際に得られるエネルギーで生存する細菌類)の生活産物、あるいは鉱山跡の堆積(たいせき)物中の構成成分をなす。日本で確実なものは、熊本県阿蘇(あそ)山山麓(さんろく)の湖沼堆積物中から産する。きわめて微細な低結晶度の粒子をなす。命名は化学成分に由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android