コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水酸化鉄 すいさんかてつ iron hydroxide

6件 の用語解説(水酸化鉄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水酸化鉄
すいさんかてつ
iron hydroxide

(1) 水酸化鉄 (II) ,水酸化第一鉄  Fe(OH)2 。無色ないし淡緑色粉末結晶。 (2) 水酸化鉄 (III) ,水酸化第二鉄  Fe(OH)3 。天然には褐鉄鉱などとして産出する。赤ないし褐色粉末。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すいさんか‐てつ〔スイサンクワ‐〕【水酸化鉄】

水酸化鉄(Ⅱ)。白色ないし淡緑色の粉末。空気中で容易に酸化され水酸化鉄(Ⅲ)になる。水酸化第一鉄。化学式Fe(OH)2
水酸化鉄(Ⅲ)。鉄(Ⅲ)塩の水溶液アンモニア塩化アンモニウムの混合液を加えて得られる。赤褐色の粉末。アルカリ性水溶液中でコロイド溶液になりやすい。水酸化第二鉄。化学式Fe(OH)3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水酸化鉄【すいさんかてつ】

(1)水酸化鉄(II)Fe(OH)2。比重3.40。鉄塩(II)水溶液に苛性アルカリを加えると得られる沈殿で,純粋なものはほとんど無色。ふつうは酸化されて緑〜褐色。
→関連項目脱硫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかてつ【水酸化鉄 iron hydroxide】

酸化数IIおよびIIIの鉄の水酸化物と,両方の酸化数の鉄を含む水酸化物とが知られている。
[水酸化鉄(II)]
 化学式Fe(OH)2。空気を断って鉄(II)塩溶液にアルカリを加えると得られる。白色ないし淡緑色粉末。比重3.40。六方晶系結晶格子は層状のヨウ化カドミウム型で,Feは6個のOHにとりかこまれている。水溶液中では徐々に,空気中では速やかに酸化されて赤褐色の水酸化鉄(III)になる。水に難溶で,溶解度0.6mg/100g(20℃)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいさんかてつ【水酸化鉄】

水酸化鉄(Ⅱ)。化学式 Fe(OH)2 空気を遮断した状態で鉄(Ⅱ)塩の水溶液をアルカリ性にすると生じる白色の結晶。還元性が強く、空気に触れると水酸化鉄(Ⅲ)に変化する。
水酸化鉄(Ⅲ)。化学式 Fe(OH)3 鉄(Ⅲ)塩の水溶液にアンモニアと塩化アンモニウムとの混合水溶液を加えると生じる褐色のゲル状沈殿物。実際には酸化水酸化鉄(Ⅲ) FeO(OH) と考えられる。水中でさびた鉄釘くぎなどの、さびの主成分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水酸化鉄
すいさんかてつ
iron hydroxide

鉄の水酸化物。二価鉄および三価鉄の水酸化物と、これらの混合水酸化物とがある。正式にこの名称でよべるのは酸化数の化合物、すなわち水酸化鉄()だけである。
(1)水酸化鉄() 鉄()塩の水溶液に、空気を断ってアルカリ金属水酸化物を加えると得られる。空気に触れると急速に暗緑色を経て黒色に変色する。この段階では鉄()と鉄()が共存しているが、さらに酸化が進むと赤褐色の酸化水酸化鉄()(通常、水酸化鉄()とよばれる)となる。水にはほとんど溶けないが、塩化アンモニウム水溶液や酸には溶ける。また、通常のアルカリ溶液には不溶であるが、濃水酸化ナトリウム溶液には[Fe(OH)42-イオンとなって溶ける。強い還元剤で、パラジウム触媒が存在すれば200℃で水を還元する。また硝酸塩をアンモニアに、ニトロベンゼンをアニリンに還元する。
(2)水酸化鉄() Fe2O3nH2O鉄()塩の水溶液にアンモニアまたはアルカリ金属水酸化物を作用させて得られる褐色の沈殿。含水量が一定せず、FeO(OH)を主成分とするものと考えられる。この化合物には生成条件によって少なくとも二つの変態が存在する。新鮮な沈殿は強酸の希薄溶液に溶けるだけでなく、熱濃アルカリ溶液にも溶ける。α(アルファ)形は黄色顔料などに用いられる。
(3)水酸化鉄()鉄() Fe3O4nH2O硫酸鉄()および硫酸鉄()の混合溶液にアルカリを加えるか、あるいは四酸化三鉄の塩酸溶液にアンモニア水を加えると得られる。黒色粉末。きわめて脱水されやすい。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水酸化鉄の関連キーワード玉散るやまべ四界水de脱臭斜交層理シンプソン則(石油)水道町水落水出し/水出汁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水酸化鉄の関連情報