フェーン現象(読み)フェーンげんしょう

パラグライダー用語辞典「フェーン現象」の解説

フェーン現象

風が山脈を越える際、風が山腹を上がる時は100mに付き約0.5℃気温が下がり、山頂を越えて吹き下がる時は100mにつき約1℃温度が上がる現象をいう。もともとドイツのフェーン(Foehn)地方でおきていた現象から命名されたようで、日本では夏の日本海側におこる熱波が有名である。平地に注ぐ空気が乾き、温度が高くなる為、パラグライダーにとっては思わぬ高度を稼ぐチャンスである。ただ、基本的に強く、山を越えてくる風の為、バンピーコンディションであり注意が必要。冬の太平洋側でもフェーンは起きているのであるが、もともとがシベリア寒気団であり、フェーンによる気温の上昇はあまり感じられない。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「フェーン現象」の解説

フェーン‐げんしょう ‥ゲンシャウ【フェーン現象】

〘名〙 山から乾燥した高温の風が吹きおりる現象。山腹をのぼる際に雨を降らせて乾燥した空気が、反対側の山腹を下りる時に断熱変化で気温上昇するもの。日本では日本海側に多く、異常高温、大火などの原因となる。〔日本の気候(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android