コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーン現象 フェーンゲンショウ

デジタル大辞泉の解説

フェーン‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【フェーン現象】

フェーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

フェーン現象

風が山脈を越える際、風が山腹を上がる時は100mに付き約0.5℃気温が下がり、山頂を越えて吹き下がる時は100mにつき約1℃温度が上がる現象をいう。もともとドイツのフェーン(Foehn)地方でおきていた現象から命名されたようで、日本では夏の日本海側におこる熱波が有名である。平地に注ぐ空気が乾き、温度が高くなる為、パラグライダーにとっては思わぬ高度を稼ぐチャンスである。ただ、基本的に強く、山を越えてくる風の為、バンピーなコンディションであり注意が必要。冬の太平洋側でもフェーンは起きているのであるが、もともとがシベリアの寒気団であり、フェーンによる気温の上昇はあまり感じられない。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーン現象
フェーンげんしょう

フェーン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェーン現象の関連キーワードサンモリッツ・オリンピック冬季競技大会全国山火事予防運動愛媛県四国中央市モロッコ(国)四国中央(市)瀬戸内式気候日本海式気候日本海低気圧日本最高気温日本海側気候熊本(市)鳥取(市)石川(県)熊本(県)鳥取(県)金沢(市)愛媛(県)グラールス気圧配置断熱変化

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェーン現象の関連情報