コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱波 ねっぱheat wave

翻訳|heat wave

知恵蔵の解説

熱波

寒波」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐ぱ【熱波】

セ氏40度前後にも及ぶ高温の空気が地上を覆う現象。温帯地方の暖候期や熱帯地方にみられる。→暖波

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

熱波

米国の作家エド・マクベインの警察小説(1981)。原題《Heat》。「87分署」シリーズ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ねっぱ【熱波】

著しく高温の気塊が、波のようにおしよせる現象。暖波のうち程度の激しいもの。 ↔ 寒波

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱波
ねっぱ
heat wave

著しく高温な空気が,ある地域を覆う現象。寒波とは逆の現象。北半球では,夏にブロッキング現象などによって卓越風が極端に南寄りになって持続するときに発生する。1987年7月ギリシアではアテネの気温が 45℃まで上昇し,1000人以上の死者が出た。2003年にはヨーロッパが広く熱波に襲われ,各地で 5万2000人以上が死亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱波
ねっぱ

非常に高温な空気が広い地域を覆うこと。通常、次のような要因が考えられている。
(1)温暖な発達した高気圧の圏内で、下降気流によって上空の空気が地表まで運ばれるときにおきる空気の断熱昇温
(2)山岳の風下における下降気流による断熱昇温(フェーン現象)
(3)乾燥した晴天下での日射による昇温
(4)乾燥した地表面では水分の蒸発による冷却作用が欠ける
これらの影響が重なって異常な高温が現れる。熱波は高気圧の盛衰にしたがって強弱を繰り返しながら、数日からときには数週間持続する。また、温帯地方や寒帯地方では北方の低気圧に向かって温暖な南寄りの風が吹き続くと、その地域は異常に温暖な天候となるが、このように異常に温暖な空気に覆われることを暖波という。通常、寒帯地方あるいは温帯地方の寒候期に現れる顕著な高温を暖波、温帯地方の暖候期や熱帯地方に現れる猛暑を熱波とよぶ。また、熱波と暖波は非常に温暖な空気に広い地域が覆われるという意味で、同義語として用いられることもある。1980年のアメリカ合衆国南部を中心とする熱波は、6月下旬から7月中旬まで続き、暑さによる死者は1000人を超えた。90年代以降、世界的な気温の上昇とともに、熱波の発生頻度が増加する傾向にある。2003年夏、ヨーロッパの広範な地域が熱波にみまわれ、熱中症による死者、干魃(かんばつ)、電力不足、森林火災等の被害が多発した。フランスでは死者が1万人を超えた。[能登正之]
『船瀬俊介著『温暖化の衝撃』(1997・三一書房) ▽平野敏右・黒田勲・小林恭一・駒宮功額ほか編『環境・災害・事故の事典』(2001・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熱波の関連キーワード気候変動に関する政府間パネルIPCC第4次評価報告書ブロッキング(天気)クロード ロリウス再生可能エネルギーヒートウエーブフェーン現象アデレードザンボラー地球温暖化天気予報IPCC異常気象高気圧偏西風

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱波の関連情報