コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フエフキダイ(笛吹鯛) フエフキダイLethrinus haematopterus

世界大百科事典 第2版の解説

フエフキダイ【フエフキダイ(笛吹鯛) Lethrinus haematopterus】

スズキ目フエフキダイ科の海産魚(イラスト)。別名タマミ。〈タイ型魚類〉の一種で,タイ類とよく似た体型をしているが,吻(ふん)がやや突出しており,両あご側部の歯が1列の臼歯(きゆうし)状の円錐歯である点で異なる。中部日本以南,西部太平洋,オーストラリアなどに分布している。沖縄でクチナジ,高知でクチミ,鹿児島でシロダイ,和歌山でタマメと呼ぶなど地方名も多い。口内が鮮紅色のためクチビまたはクチビダイと呼ぶ地方も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android