コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォガッツァーロ フォガッツァーロ Fogazzaro, Antonio

4件 の用語解説(フォガッツァーロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォガッツァーロ
フォガッツァーロ
Fogazzaro, Antonio

[生]1842.3.25. ビチェンツァ
[没]1911.3.7. ビチェンツァ
イタリアの小説家。 19世紀後半に流行したベリズモ文学に対抗して,繊細な心理描写を手段に理想主義文学を唱えた。処女長編『マロンブラ』 Malombra (1881) で世評を集め,続く『ダニエーレ・コルティス』 Daniele Cortis (85) と『詩人の秘密』 Il mistero del poeta (88) で不動の地位を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォガッツァーロ

イタリアの作家。神秘的な感性の持ち主で,女性登場人物の透徹した心理描写をめざした。ダーウィン主義をはじめとする諸科学と信仰を調和させようとした。代表作《去りし日の小世界》はオーストリア支配下のイタリアにあって自由主義的な理想を抱く若い夫婦をおそう一連の困難と,彼らの心理的葛藤を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フォガッツァーロ【Antonio Fogazzaro】

1842‐1911
イタリアの小説家。当時オーストリアの統治下にあった北イタリアのビチェンツァの富裕な家庭に生まれる。青年期,深刻な宗教的危機に陥ったが,やがてカトリックの信仰に戻る。1874年,まず抒情詩人として文学界にデビューし,次いで81年,《マロンブラ一族》を発表して小説家の道を歩み始める。おりしも同世代のベルガベリズモ(真実主義)の最高傑作《マラボリア家の人々》を世に問うた年にあたるが,フォガッツァーロの方は,ロマン主義の色濃い,貴族趣味も顕著な,反自然主義の小説世界を追求し,宗教的神秘主義の大家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォガッツァーロ
ふぉがっつぁーろ
Antonio Fogazzaro
(1842―1911)

イタリアの作家。ビチェンツァの宗教的、愛国的環境の家庭に生まれ育った。一貫してカトリックの立場から、人間の内面と社会とのかかわり方を追究し続けた。実証主義、ダーウィンの進化論、また社会主義などを通した視点で、カトリック内部の腐敗を糾弾。処女作『マロンブラ』(1881)から『ダニエーレ・コルティス』(1885)を経て名声を獲得、代表作『小さな古い世界』(1895)に至る。これはリソルジメント(国家統一)の時代を背景に、ブルジョア階級の危機的状況における夫婦の愛の物語である。この作品の中心問題である信仰が、続く『聖者』(1905)で直接的に提示され、その教会改革案ゆえに教皇庁による禁書処分を受けた。ほかに「イタリアの小説の未来」などの講演もあり、カトリックを抱え持つイタリアの世紀末の知識人として、そして特異なデカダンスを具現する作家として、彼が「小さな古い」世界の対極に何をみようとしていたのか、今日的関心をよぶ。[望月紀子]
『小野村林蔵・吹田佳三訳『聖者』(1912・警醒社書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォガッツァーロの関連キーワードオーストリア併合イタリアンカルボナリオーストリーオーストリアの聖体祭オーストリアのメーデーガレストリオーストリアン・スムース・ブラッケダッラピッコラオーストリア美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone