コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォスラー フォスラーVossler, Karl

3件 の用語解説(フォスラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォスラー
フォスラー
Vossler, Karl

[生]1872.9.6. ホーエンハイム
[没]1949.5.18. ミュンヘン
ドイツの言語学者。 1902年ハイデルベルク,11~37年ウュルツブルク,45~47年ミュンヘンの各大学教授。 B.クローチェの影響を受け,観念論的美学の立場から言語現象を考察,「内的言語形式」の概念を提唱。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォスラー【Karl Vossler】

1872‐1949
ドイツのロマンス語・文学研究者。ミュンヘン大学教授。彼はイタリアの哲学者B.クローチェと親しく,その美学説の影響をうけ,また一方では19世紀末から言語学の中心をなした青年文法学派(〈比較言語学〉の項を参照)の実証主義に鋭く対立した。その結果生まれたのが,彼の観念論的な言語観である。 彼は,言語の本質は精神の内的な活動,直観にあると考え,それは個人の創造であるとした。したがって彼の主たる関心は,当然文体論に向けられることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォスラー
ふぉすらー
Karl Vossler
(1872―1949)

ドイツの言語学者、ロマンス語系文学の研究者。1911年以後ミュンヘン大学教授を務めた。精神の創造活動として言語をとらえ、イタリアの哲学者クローチェの影響下に、言語と芸術との根源的同一性を主張。観念論を標榜(ひょうぼう)して実証主義的言語学に反対し、文学研究を中核とする言語学を展開、自らイタリア、フランス、スペインの文学に関する膨大な著作を残した。その影響はドイツの文芸学のほか、現代の詩学の一部にも及んでいる。彼の原理的考察の著作二編が、小林英夫(ひでお)の手で『言語美学』(1935)として訳されている。[佐々木健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォスラーの関連キーワード富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件清水喜助アルルの女小樽(市)果樹園芸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォスラーの関連情報