フォルクスシューレ(英語表記)Volksschule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルクスシューレ
Volksschule

ドイツ,オーストリアの小学校。下級4年のグルントシューレ Grundschuleと上級4年のオーベルストゥーフェ Oberstufeの総称。 1964年のハンブルク協定により,各州とも上級4年の課程をハウプトシューレ Hauptschuleと呼び,年限も1年延長して中等教育機関の1種とすることになったため,法規上この用語は使われなくなっている。原義は国民学校のことで,1941年日本ではそれまで 75年間用いていた小学校の名称を国民学校に改めたが (1947年再び小学校に戻す) ,これは当時の同盟国であったドイツのフォルクスシューレにならったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルクスシューレ【Volksschule】

現代ドイツにおける普通義務教育学校の俗称であるが,歴史的にはドイツの初等義務教育学校をさす。民衆学校,国民学校などと訳されている。その歴史は14世紀ころに発生したドイツ語学校にさかのぼりうるが,それは聖職者への道に通じるラテン語学校と対比された呼名であり,民衆層の子どもたちに主として母国語読み書きを教える学校であった。 19世紀の前半から中葉にかけてのフォルクスシューレは,民衆層のための初等義務教育機関として,大学教育に接続するエリート中等教育機関であるギムナジウムGymnasiumとはまったく別系統のものとして制度的に発展していった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android