コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォームラバー foam rubber

翻訳|foam rubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォームラバー
foam rubber

ラテックス起泡剤を加えて攪拌し,状にしてモールド (金型) に流し込み,そのまま凝固させたのち,高熱空気の中を通して加硫して得た泡状のゴム。軟らかで弾力性に富み,マットレス,クッション,あるいは車両用シートなどに使われるが,直射日光や油には弱く老化しやすい。現在では軽さが半分で価格も安く,吸湿性にすぐれたウレタンフォームが開発され,完全に市場を圧してしまった。フォームラバーは応接セットや車両用シートの一部に,高級品として使われているだけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォーム‐ラバー(foam rubber)

多孔性・海綿状の軽いゴム。生ゴム原料を泡立て凝固加硫して作る。マットレス・クッションなどに用いる。スポンジラバー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フォームラバー

スポンジ(ゴム)とも。空気や炭酸ガスを機械的に吹き込んだり,発泡剤を加えたりして泡だてたラテックスを凝固・加硫してつくった多孔質のゴム。クッション材等に利用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォームラバー【foam rubber】

ゴムラテックスを泡立たせたまま凝固させたのち加硫してつくる柔軟な多孔質のスポンジ状ゴム。きわめて比重が小さく(0.05~0.08程度),柔らかく,断熱性もあり,クッション性,耐圧縮疲労性にすぐれる。マットレス,敷布団,まくらなどの寝具用,自動車など乗物の座席クッションなどに広く用いられてきたが,ウレタンフォームの出現によって,経済性ハンドリングの容易さなどからこれにとって代わられた。1962年をピークに生産量は低下の一途をたどっているが,家庭用マットレスなどの用途には現在でも使用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フォームラバー【foam rubber】

気泡を多く含んだスポンジ状のゴム。ゴム-ラテックスに発泡剤を加えたり、機械的に泡立てて加硫してつくる。軽量で保温性・弾力性に富み、座席や寝具などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フォームラバーの関連キーワードsponge gomクラッシュパッドアイオワ・シティオルデンバーグヘーズルトンチェンバレン座ぶとん緩衝装置発泡樹脂発泡ゴムふとん捻挫椅子気泡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android