フォーレル(英語表記)Forel, François Alphonse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーレル
Forel, François Alphonse

[生]1841.2.2. モルジュ
[没]1912.8.7. モルジュ
スイスの湖沼学者,医者。ローザンヌ大学で生理学,解剖学を教えるかたわら,湖沼の研究に着手。特にレマン湖の湖沼誌 (1892~1904) は有名で,氷河から流れ込む低温の水によって生じる密度流の発見,静振機構の研究,ほかに地震氷河の研究も知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フォーレル

スイスの湖沼学者。ローザンヌ大学教授。湖沼学を初めて体系化。30年間にわたる湖沼誌《レマン湖》3巻(1894年―1904年)を編集,また《湖沼学教科書》(1901年)がある。そのほか物理学,地震学,生物学,考古学,氷河学など多方面の研究を行った。
→関連項目湖沼学フォーレル標準色

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーレル
ふぉーれる
François-Alphonse Forel
(1841―1912)

スイスの湖沼学者。医学を修めローザンヌ大学で医学の教鞭(きょうべん)をとったが、レマン湖の研究にも精力を注ぎ『レマン』Le Léman, Monographie limnologique全3巻(1892~1904)として発表した。1901年には『湖沼学提要』Handbuch der Seenkunde, Allgemeine Limnologieを著し、そのなかで湖盆形態、湖水の流動、光、温度、生物、有機物循環などについて系統的な整理を行ったほか、漁業や交通にも言及した。これらの著書はその後の湖沼研究の指針となり、彼は近代湖沼学の父とよばれている。なお現在使われている水色標準液は、彼の考案によるものである。

[新井 正]

『上野益三著『陸水学史』(1977・培風館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

フォーレル

生年月日:1841年2月2日
スイスの湖沼学者
1912年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のフォーレルの言及

【湖沼】より

…また氷河地方の湖は,氷河が削りとった細かい粘土のため白く濁っているものが多く,かつ,遠くから眺めると,しばしば美しい青緑色に見える。水色の標準には〈フォーレル〉の標準液や〈フォーレル・ウール〉の標準液が使用される。〈フォーレル〉のI号は青,XI号は黄色で,数の小さいほうが美しい。…

※「フォーレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報