コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーレル フォーレル Forel, François Alphonse

3件 の用語解説(フォーレルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーレル
フォーレル
Forel, François Alphonse

[生]1841.2.2. モルジュ
[没]1912.8.7. モルジュ
スイスの湖沼学者,医者。ローザンヌ大学で生理学,解剖学を教えるかたわら,湖沼の研究に着手。特にレマン湖の湖沼誌 (1892~1904) は有名で,氷河から流れ込む低温の水によって生じる密度流の発見,静振の機構の研究,ほかに地震や氷河の研究も知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォーレル

スイスの湖沼学者。ローザンヌ大学教授。湖沼学を初めて体系化。30年間にわたる湖沼誌《レマン湖》3巻(1894年―1904年)を編集,また《湖沼学教科書》(1901年)がある。
→関連項目湖沼学フォーレル標準色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーレル
ふぉーれる
Franois-Alphonse Forel
(1841―1912)

スイスの湖沼学者。医学を修めローザンヌ大学で医学の教鞭(きょうべん)をとったが、レマン湖の研究にも精力を注ぎ『レマン』Le Lman, Monographie limnologique全3巻(1892~1904)として発表した。1901年には『湖沼学提要』Handbuch der Seenkunde, Allgemeine Limnologieを著し、そのなかで湖盆形態、湖水の流動、光、温度、生物、有機物循環などについて系統的な整理を行ったほか、漁業や交通にも言及した。これらの著書はその後の湖沼研究の指針となり、彼は近代湖沼学の父とよばれている。なお現在使われている水色標準液は、彼の考案によるものである。[新井 正]
『上野益三著『陸水学史』(1977・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフォーレルの言及

【湖沼】より

…また氷河地方の湖は,氷河が削りとった細かい粘土のため白く濁っているものが多く,かつ,遠くから眺めると,しばしば美しい青緑色に見える。水色の標準には〈フォーレル〉の標準液や〈フォーレル・ウール〉の標準液が使用される。〈フォーレル〉のI号は青,XI号は黄色で,数の小さいほうが美しい。…

※「フォーレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォーレルの関連キーワードモル磁化率ゴルジュナーガルジュナモルグオーベルジュ引籠もる身籠もるナチュラルジュジュモルダウネルジュボフ,D.N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone