コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジウツギ(藤空木) フジウツギBuddleja japonica; butterfly bush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジウツギ(藤空木)
フジウツギ
Buddleja japonica; butterfly bush

フジウツギ科の落葉低木。本州,四国に広く分布する。日当りのよい谷間の林の縁などに生える。高さ 60~150cmぐらいで茎は多く枝分れし,4稜角で翼がある。葉は短い柄があって対生し,長さ 10~20cmの広披針形で先はとがり,縁に鋸歯がある。7~9月に,8~20cmの穂状の花序を頂生し,その片側に淡紫色の花が多数並ぶ。萼は鐘形で,密に毛でおおわれる。花冠は長さ1~2cmのらっぱ状をなし,やや湾曲している。有毒植物であるが,観賞用として庭によく植えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フジウツギ(藤空木)の関連キーワードフジウツギ科ブッドレア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android