コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジウツギ(藤空木) フジウツギBuddleja japonica; butterfly bush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジウツギ(藤空木)
フジウツギ
Buddleja japonica; butterfly bush

フジウツギ科の落葉低木。本州,四国に広く分布する。日当りのよい谷間の林の縁などに生える。高さ 60~150cmぐらいで茎は多く枝分れし,4稜角で翼がある。葉は短い柄があって対生し,長さ 10~20cmの広披針形で先はとがり,縁に鋸歯がある。7~9月に,8~20cmの穂状の花序を頂生し,その片側に淡紫色の花が多数並ぶ。萼は鐘形で,密に毛でおおわれる。花冠は長さ1~2cmのらっぱ状をなし,やや湾曲している。有毒植物であるが,観賞用として庭によく植えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フジウツギ(藤空木)の関連キーワードフジウツギ科ブッドレア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android