コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フズーリー Fuzûlî

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フズーリー
Fuzûlî

[生]1494? ヒルレ
[没]1556. カルバラー
オスマン帝国の詩人。本名 Mehmed ibn Süleyman。生涯イラクに住んだ。アゼルバイジャン系のトルコ人で,古典派宮廷文学の第一人者。 1534年スレイマン1世のバグダード征服に際して,帝に詩を献上して名声を得た。チャガタイ語文学者ナバーイーとペルシア詩から影響を受け,悲恋の詩『ライラーとマジュヌーン』 Leylâ ile Mecnûn (1848) はその好例。主著『詩集』 Divân (38) はアゼルバイジャン語で書かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フズーリー【Füzuli】

?‐1556
オスマン帝国の詩人。没年は1580年以降ともいわれる。イラクのヒッラで生まれ,イラクで生涯を過ごした。スレイマン1世のバグダード征服をたたえる詩で名声を得たが,晩年は不遇であった。ペルシア語,アラビア語でも詩作したが,トルコ語のアゼルバイジャン方言による作品が最も優れる。代表作《ライラとマジュヌーン》のほか,トルコ民衆詩の系譜を引く抒情的な《詩集》がある。【小山 皓一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フズーリー
ふずーりー
Fuzl
(1495?―1556)

トルコの詩人。オスマン帝国の最盛期スレイマン1世時代を代表する。本名はメフメトMehmet。バグダード近くのヒッラないしカルバラーで生まれ、生涯をイラク地方で過ごした。プラトニックな愛を主題とする叙情的な詩人として知られる。アラビア語、ペルシア語でも詩作を行ったが、アゼルバイジャン方言のトルコ語による『ライラーとマジュヌーン』『詩集』が代表作である。彼の詩は、トルコの宮廷文学の発達に大きく貢献したが、実生活では不遇であった。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フズーリーの関連キーワードトルコ文学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android