コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタオチョウ フタオチョウ Polyura eudamippus

2件 の用語解説(フタオチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタオチョウ
フタオチョウ
Polyura eudamippus

鱗翅目タテハチョウ科。日本にみられるフタオチョウ類の唯一の種。この類のチョウは翅の幅が広く,また後翅に尾状突起を2対もつ。前翅の開張幅 65~70mm。翅は開いて上から見ると,大小の黄白点をいくつか散布した黒色帯に囲まれて,中央に前後に走る幅広い黄白色帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタオチョウ
ふたおちょう / 二尾蝶・双尾蝶
great nawab
[学]Polyura eudamippus

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では沖縄本島の特産種で、1968年(昭和43)に沖縄県の天然記念物に指定された。国外では中国(中部以南)、台湾、マレー半島、ベトナム中部、カンボジア、タイ、ミャンマー(ビルマ)から北西ヒマラヤ地方にかけて分布する。はねの開張70~80ミリメートル程度。はねの地色は黄白色で黒色の斑紋(はんもん)があるが、後ろばねの尾状突起は2本(左右あわせれば4本)があり、日本産のタテハチョウ科で2本の尾状突起をもつ唯一のチョウである。成虫は4~10月ごろにみられ、年3回程度の発生と考えられる。樹液や腐果にくるときのほかは樹上を高飛する。幼虫の食樹はヤエヤマネコノチチ(クロウメモドキ科)、ときにクワノハエノキ(ニレ科)である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フタオチョウの関連キーワードタテハチョウヒメアカタテハ孔雀蝶木の葉蝶小緋威蛺蝶擬蛺蝶オオウラギンヒョウモンキベリタテハサカハチチョウ(逆八蝶)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フタオチョウの関連情報