コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタオチョウ フタオチョウPolyura eudamippus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタオチョウ
Polyura eudamippus

鱗翅目タテハチョウ科。日本にみられるフタオチョウ類の唯一の種。この類のチョウは翅の幅が広く,また後翅に尾状突起を2対もつ。前翅の開張幅 65~70mm。翅は開いて上から見ると,大小の黄白点をいくつか散布した黒色帯に囲まれて,中央に前後に走る幅広い黄白色帯がある。2本の尾状突起は互いにかなり離れて位置する。翅の裏面は全体に黄白色で,表面の帯を縁どった黒褐色の筋が走る。樹上高くを飛ぶが,樹液にも集る。年2~3化性で,春と夏,さらに秋に現れることもある。日本では沖縄本島のみにみられ,幼虫の食草はクロウメモドキ科のヤエヤマネコノチチ。国外では台湾からヒマラヤまでの間に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタオチョウ
ふたおちょう / 二尾蝶・双尾蝶
great nawab
[学]Polyura eudamippus

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では沖縄本島の特産種で、1968年(昭和43)に沖縄県の天然記念物に指定された。国外では中国(中部以南)、台湾、マレー半島、ベトナム中部、カンボジア、タイ、ミャンマー(ビルマ)から北西ヒマラヤ地方にかけて分布する。はねの開張70~80ミリメートル程度。はねの地色は黄白色で黒色の斑紋(はんもん)があるが、後ろばねの尾状突起は2本(左右あわせれば4本)があり、日本産のタテハチョウ科で2本の尾状突起をもつ唯一のチョウである。成虫は4~10月ごろにみられ、年3回程度の発生と考えられる。樹液や腐果にくるときのほかは樹上を高飛する。幼虫の食樹はヤエヤマネコノチチ(クロウメモドキ科)、ときにクワノハエノキ(ニレ科)である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フタオチョウの関連情報