コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フダンソウ

3件 の用語解説(フダンソウの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

フダンソウ

 [Beta vulgaris var. cicla].ナデシコアカザ科ドウヂシャ属の二年草.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フダンソウ

ヨーロッパ原産のアカザ科の一〜二年草。卵形で厚い根出葉を群出し,茎は高さ1mほどで,先端に円錐花序を出し,黄緑色の小さな花をつける。ビートと同種であるが根は肥大せず,葉をゆでてサラダなどにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フダンソウ
ふだんそう / 不断草
[学]Beta vulgaris L. var. cicla L.

アカザ科の一、二年草。トウヂシャともいう。南ヨーロッパ原産で、サトウダイコンや飼料ビートの近縁種であるが、根は肥大しない。多くの根出葉を次々と出し、葉を順次かき取って葉菜として一年中利用できるので、フダンソウ不断草)という。2年目の初夏にとう立ちして、草丈1~1.5メートルになり、黄緑色の小花を多数つける。葉は柔らかく、塩ゆで、バター(いた)め、煮物などにする。日本には江戸時代以前に伝来した。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フダンソウの関連キーワードカミツレビートヨーロッパ共同体レタスパースニップルナリア白藜セルリアク不断草スカンピ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone