フッ化ナトリウム(読み)フッかナトリウム(英語表記)sodium fluoride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学式 NaF 。フッ化水素酸に炭酸ナトリウムを反応させて得られる無色,立方晶系結晶。融点 992℃,比重 2.78。水にわずかに溶け,アルコールには難溶。毒性がある。蛋白質接着剤の防腐,木材処理 (防腐) ,その他各種殺菌剤,虫歯予防剤などとして使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナトリウムとフッ素の化合物。無水和物のほか二、四、八水和物が知られる。炭酸ナトリウムまたは水酸化ナトリウムを当量の割合でフッ化水素酸に加えることによって得られる。工業的には蛍石(ほたるいし)、炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウムを炭素とともに融解する方法で製造する。塩化ナトリウム型構造の無色の結晶。水、エタノール(エチルアルコール)にはわずかに溶ける。水溶液は加水分解によってアルカリ性を示し、またガラスを腐食する。フッ化水素酸に溶け、フッ化水素ナトリウムNaHF2を生ずる。木材などの防腐剤、ほうろう工業における間接乳白剤に用いられる。またむし歯の予防剤として飲料水に微量添加して用いられる。毒性があり、粉末は粘膜を刺激し、神経系統を侵すので、取扱いには注意を要する。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

NaF(41.99).水酸化ナトリウムまたは炭酸ナトリウムをフッ化水素酸で中和すると得られる.無色の等軸晶系結晶.密度2.78 g cm-3.融点992 ℃,沸点1705 ℃.水に可溶,エタノールに難溶.水溶液はアルカリ性を示し,ガラスを侵す.フッ化水素酸に溶けてNaHF2を生じる.融剤,木材腐食の防止,殺虫剤,虫歯予防剤,発酵における消毒剤として用いられる.有毒.[CAS 7681-49-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android