コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナクイムシ(船喰虫) フナクイムシTeredo navalis japonica

1件 の用語解説(フナクイムシ(船喰虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フナクイムシ【フナクイムシ(船喰虫) Teredo navalis japonica】

海中の木材,すなわち桟橋,杭,養殖筏,貯木,木造船などに穿孔(せんこう)してその中にすみ害を与えるフナクイムシ科の二(イラスト)。フナクイムシは細長く30cmくらいにもなる軟らかい虫状で,その前端(穿孔した穴の奥のほう)に白い小さい殻が左右1対あって殻を合わせると球状になる。後端(穴の入口のほう)は細くなって,出入水管があるが,これを囲むように左右に対をなして石灰質の矢羽状の尾栓がある(イラスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone