コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フフーフ Al-Hufūf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フフーフ
Al-Hufūf

ホフーフともいう。サウジアラビア東部,ハサ地方の商業都市。リヤードの東北東 300kmに位置し,1950年代初期までこの地方の行政中心地であった。 10世紀に築いたクートの城塞,19世紀初頭のイブラヒーム・パシャ・モスクなどをもつ古い町である。 1871年にトルコの支配下に入ったが,1913年ワッハーブ派のイブン・サウードが奪回,32年サウジアラビア王国成立とともに同国領となった。豊富な水のあるオアシスの中心であるため,ナツメヤシ,コムギ,オオムギ果実などの農産物集散地であり,織物,銅・真鍮細工,刀剣などの産地。西から南西にガッワール油田がある。ペルシア湾のダンマームとリヤードを結ぶ鉄道,ハイウェーが通り,中規模の空港もある。人口約 10万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フフーフ(Hufuf)

サウジアラビア東部の都市。ペルシア湾まで約65キロメートルの内陸部に位置する。オアシスに囲まれ、ナツメヤシ、果実類の集散地として知られる。オスマン帝国時代に築かれたイブラヒム城がある。イスラム教シーア派の住民が多く居住する。ホフーフ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フフーフ

サウジアラビア東部の都市。恵まれたオアシスにあり,デーツ,麦類,果実の集散地。織物,刃物も製造される。リヤドとラス・タヌーラを結ぶ鉄道上にあり,アラビア湾沿岸との自動車道路も通じる交通の要地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フフーフ
ふふーふ
Huff

サウジアラビア東部、ハサ地方の中心都市。ペルシア湾(アラビア湾)から約65キロメートル内陸に位置する。市名は「風が吹く」の意のアラビア語「ハファ」に由来し、ホフーフHoffともいう。人口29万2800(2003推計)。住民の約40%がシーア派イスラム教徒である。オアシス地域の中にある農産物の集散地で、商取引の中心地である。小工業も行われ、織物、壺(つぼ)、金属細工品は古くから有名である。首都リヤドおよび石油の積出し港ダンマムと、舗装道路、鉄道で結ばれる。[片倉もとこ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフフーフの言及

【ハサー】より

…内陸部はオアシス農業でナツメヤシを産し,遊牧も行われるが,近年は大規模な灌漑による農地開拓も進められている。歴史的にはフフーフal‐Hufūfが中心都市であったが,53年,東部州都はダンマームに置かれた。シーア派ムスリムの住民が多く,スンナ派を主体とする王政にとって不安要素となっている。…

※「フフーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フフーフの関連キーワードムバッラズカティーフダンマムハサー

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フフーフの関連情報