コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フメリニツキー フメリニツキー Khmel'nitskii, Bogdan Mikhailovich

3件 の用語解説(フメリニツキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フメリニツキー
フメリニツキー
Khmel'nitskii, Bogdan Mikhailovich

[生]1595頃.チギリン?
[没]1657.8.16. チギリン
ザポロージエ (ウクライナ) ・コサックヘトマン (首領) 。ポーランドで教育を受け,ポーランド軍とともにトルコ軍と戦ったが,ポーランド人総督と衝突して,ザポロージエ・コサックのもとへ行き,そのヘトマン (1648~57) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フメリニツキー
フメリニツキー
Khmel'nitskii

1954年までプロスクーロフ Proskurov。ウクライナ西部,フメリニツキー州の州都。首都キエフの西南西約 280km,南ブーグ川上流部にのぞむ。 15世紀後半から知られ,1795年市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フメリニツキー【Bohdan Mikhailovich Khmel’nitskii】

1595‐1657
17世紀半ばに起こったウクライナ・コサックのポーランドに対する独立戦争の指導者。チヒリン(ロシア語ではチギリン)の古いコサックの家に生まれ,キエフのモヒラ・アカデミーで教育を受けた。1647年チヒリンにあった領地がポーランド軍に襲われたため,フメリニツキーはザポロージエのコサックの本営に逃げ,ポーランドに対する反乱をコサックに呼びかけた。48年ザポロージエのコサックとこれに協力したクリム・ハーン国の軍を率いて北上し,コルスンの戦でポーランド軍を破った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フメリニツキーの関連キーワードアタマンハリコフСуми聖ユーラ大聖堂メースタウンスーミウクライナ岩マゼパラーダウクライナ人コサック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone