コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラシャリ Frashëri, Naim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラシャリ
Frashëri, Naim

[生]1846.5.25.
[没]1900.10.20. イスタンブール
アルバニアの詩人。オスマン帝国に対する独立運動を支持し,国民文学確立のために努力した。代表作,田園詩『牧畜と農業』 Bagëti e bujqësia (1886) ,詩集『春の花』 Lulet e verës (90) ,『天国と飛翔する言葉』 Parajsa dhe fjala fluturake (94) ,叙事詩『スカンデルベウの物語』 Istori e Skënderbeut (98) 。 (→アルバニア文学 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラシャリ【Naim Frashëri】

1846‐1900
アルバニアの詩人。南部アルバニアの豪族の出身。一時オスマン・トルコ政府に仕えたが,のちにアルバニアの独立を目ざす文化・啓蒙活動に専念した。祖国の自然と牧歌的生活を歌った田園叙事詩《牧畜と農業》(1886),抒情詩,哲学詩などを集めた《夏の花》(1890)などによって近代アルバニア語・アルバニア文学の礎を築いた。オスマン・トルコと戦った民族的英雄スカンデルベグを主人公とする叙事詩《スカンデルベグ物語》(1898)は愛国的情熱にみちた作品である。

フラシャリ【Sami Frashëri】

1850‐1904
アルバニアの政治家,文学者。N.フラシャリの弟。南アルバニアで生まれ,イオアニナでギリシア語の高等中学を終える。1872年以後,オスマン帝国の首都イスタンブールで同帝国からのアルバニアの民族独立を目ざす政治・文化活動に積極的に参加し,一時トリポリに追放された。79年にアルバニア語出版協会を組織し,その機関誌《ドリタDrita(光)》をブカレストで発行した。アルバニア史,アルバニア語教科書,小説,翻訳など著書も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラシャリ
ふらしゃり
Naim Frashri
(1846―1900)

アルバニアの詩人。近代文学と文語の確立者でもある。南アルバニアの出身で、兄弟のアブジュル、サミとともに1870~80年代の民族独立運動でも主導的な役割を果たした。初期にはトルコ文学やペルシア文学の影響を受けながら詩作を始め、のちにギリシア古典文学に親しみ、またフランス啓蒙(けいもう)思想の影響も受けた。代表作の田園叙事詩『牧歌と農事詩』(1886)、『夏の花』(1890)では祖国の山河に対する愛が歌われ、叙事詩『スカンデルベグ物語』(1898)では反トルコ闘争の民族的英雄の姿が描かれている。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フラシャリの関連キーワードS. フラシャリ5月25日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android