コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチェスコ修道会 フランチェスコシュウドウカイ

デジタル大辞泉の解説

フランチェスコ‐しゅうどうかい〔‐シウダウクワイ〕【フランチェスコ修道会】

フランチェスコにより1209年に創立された托鉢修道会。中世にはボナベントゥラドゥンス=スコトゥスウィリアム=オッカムらの学者を輩出。清貧を重んじ、日本には文禄2年(1593)伝道開始。フランチェスコ会。フランシスコ修道会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フランチェスコしゅうどうかい【フランチェスコ修道会】

フランチェスコが設立した托鉢修道会。1209年インノケンティウス三世の認可を得る。清貧・貞潔・服従を旨とする。小さき兄弟会。フランシスコ会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フランチェスコ修道会の関連キーワードサンタマリアグロリオーサデイフラーリ教会サンタマリアディベトレム教会サンフランシスコ教会修道院ロスデスカルソス修道院サンフランチェスコ聖堂サンダミアーノ修道院オーニッサンティ教会サンタクローチェ聖堂サンフランシスコ教会プレシェーレン広場サンタキアーラ聖堂サンタントニオ聖堂ラレコレータ修道院ドゥンススコトゥス三つの十字架の丘カルチェリの庵ミルクグロットカグサワ教会跡山上の垂訓教会フランシスコ会

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android