フランチェスコ修道会(読み)フランチェスコシュウドウカイ

デジタル大辞泉の解説

フランチェスコ‐しゅうどうかい〔‐シウダウクワイ〕【フランチェスコ修道会】

フランチェスコにより1209年に創立された托鉢修道会。中世にはボナベントゥラドゥンス=スコトゥスウィリアム=オッカムらの学者を輩出。清貧を重んじ、日本には文禄2年(1593)伝道開始。フランチェスコ会。フランシスコ修道会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フランチェスコしゅうどうかい【フランチェスコ修道会】

フランチェスコが設立した托鉢修道会。1209年インノケンティウス三世の認可を得る。清貧・貞潔・服従を旨とする。小さき兄弟会。フランシスコ会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android