コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチェスコ修道会 フランチェスコシュウドウカイ

2件 の用語解説(フランチェスコ修道会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フランチェスコ‐しゅうどうかい〔‐シウダウクワイ〕【フランチェスコ修道会】

フランチェスコにより1209年に創立された托鉢修道会。中世にはボナベントゥラドゥンス=スコトゥスウィリアム=オッカムらの学者を輩出。清貧を重んじ、日本には文禄2年(1593)伝道開始。フランチェスコ会。フランシスコ修道会

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フランチェスコしゅうどうかい【フランチェスコ修道会】

フランチェスコが設立した托鉢修道会。1209年インノケンティウス三世の認可を得る。清貧・貞潔・服従を旨とする。小さき兄弟会。フランシスコ会。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

フランチェスコ修道会の関連キーワード貿易インバランス玉蕊許衡日野川近代秀歌宅磨勝賀トベーリフランシスコ会安嘉門院顕昭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランチェスコ修道会の関連情報