フランドル農法(読み)フランドルノウホウ

世界大百科事典 第2版「フランドル農法」の解説

フランドルのうほう【フランドル農法】

16世紀末から19世紀初頭にかけて,ベルギー西部のフランドル(およびブラバントの一部)に広く行われた6年ないし9年の輪栽式農法。中世以来続いてきた三圃制を乗り越える新農法としてヨーロッパ各国の農業家の注目を集めた。もともとフランドル地方には中世以来多数の都市が密集し,他方で荘園制も14世紀以来崩れて,小規模な小土地所有農民や小借地農の経営が一般化していた。このように,市場向け生産の便がよく,人口密度が高く,土壌も砂質でけっして肥沃とはいえないという条件のなかで,有効に農地を利用するためにさまざまの改良が積み重ねられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android