コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三圃制 さんぽせい

百科事典マイペディアの解説

三圃制【さんぽせい】

中世ヨーロッパで広く行われた農法。有畜で,休閑地を含む輪作の一形式。村の全耕地が三つの耕圃に分割され,一つは休閑地とされ,他の2耕圃にはそれぞれ春播き(大麦,エンバクなど)あるいは秋播き(小麦,ライムギなど)の穀物などが植え付けられ,これらが順次繰り返された。
→関連項目穀草農法混合農業農業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぽせい【三圃制 three‐field system】

ヨーロッパ中世で典型的に発達した農法で,穀物畑における3年単位の輪作を根幹とする。三圃農法ともよばれる。開放耕地制度と結びついて,農村社会の基礎を構成する制度となった。輪作方法としての三圃制は,耕地を三つの耕圃field(ドイツ語ではFeld,フランス語ではsole)に分割し,一つの耕圃では,第1年度に冬穀物,第2年度に夏穀物を栽培した後,第3年度を休閑するという順序を繰り返し,かつこの順序を耕圃ごとに,1年ずつずらせて,同一年度については,耕地を冬畑,夏畑,休閑地にほぼ均分することを内容とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三圃制の言及

【農具】より

…したがって耕地は正方形のものが多かった。 ローマ時代には,犂は北ヨーロッパにも伝えられたが,そこは夏雨の湿潤地であるため三圃制(冬作→夏作→休閑)が可能で,この農法に適した形に犂は変えられていった。前述のように撥土板をもち土を深く耕せるもので,牛2頭で牽引されたこの種の犂が,1世紀のころのローマ人による記録に見いだされる。…

【豆】より

…クローバーの数量は2年目が最大である。当時は,一般に3年に1度,耕地は休閑されたのであるが(三圃制),この場合は休閑地がクローバー畑となるので,本来の休閑地(黒い休閑地)に対して,〈緑の休閑地〉といわれた。また,牧草は,それまでもっぱら野草が用いられていたから,耕地で栽培されるクローバーは〈栽培牧草artificial grass〉,またクローバー畑は〈栽培牧草地artificial grass‐land〉とよばれた。…

【麦】より

… ローマの支配が北ヨーロッパに及ぶにつれて,ローマ農法(二圃式とローマ犂)もまた,北ヨーロッパに伝播していった。しかし,北ヨーロッパは,冬雨地帯の南ヨーロッパとは異なって夏雨地帯であり,夏作物の栽培が可能であったから,やがて二圃式の中に夏作物が入りこむことになり,〈冬作物→夏作物→休閑〉という三圃式(三圃制)が成立することになった。この場合,冬作物というのはコムギとライムギ,夏作物というのはオオムギとエンバクである。…

【村】より

…これに反しアルプス以北の農村は,開墾などによる一部自由民村落のほかは,中世を通じておおむね聖俗両界の荘園領主の所領であったが,荘園そのものが,実は既存の〈むら〉を前提にしたいわば二次的な土地支配の体制(領主制)であったため,領主支配に対応するだけの団体意識と村落運営のしくみが,すでに準備されていたという特色をもっている。三圃制にみられるような強力な団体的規制をとる〈むら〉が,もっぱらアルプス以北に成立し,いわゆるゲルマン的土地所有の概念により,それがあたかもヨーロッパの〈むら〉の類型のように説かれてきたのは,この事情と関連している。 ところで,中世における各種の文書史料ならびに17,18世紀に作製された残存の耕地図などにより,ヨーロッパの集落形態を考えてみると,それには大きく分けて次の三つのタイプが,中世以来存在していたことがわかる。…

【ヨーロッパ】より

…一方,市場への窓口をふさがれた封鎖的な農村地域には,いわば村抱えの多様な手工業者が存在したものの,そこから市場目当ての工業生産の場,つまり手工業都市が成立する余地はほとんどなかったのである。 これに反し西ヨーロッパでは,すでに8世紀以降,まずライン,セーヌ両河に挟まれた地域の群小集落で,先駆的に三圃農法(三圃制)をとる集村化の現象が現れ,やがてここを基地として,ほぼ12世紀までの間に,南はシュワーベンおよびロアール川以北の一帯,北はドーバー海峡を越えてイングランド南東部平地地帯,東は遠くエルベ川の西岸に至るまでの広範な地域に,三圃農法による農地経営が最も典型的な中世ヨーロッパの生産様式とみなされるほどに,あまねく普及したのである。大体平均30戸程度の農民家宅数を単位とするこの有核密集村落の普及,ならびに三圃農法の採用は,その地域の地質・地形によるところ大であり,その意味で地中海周辺には不適合であるため,そこでは昔ながらの散村や小村形態が存続して,生産性の向上は望みえなかった。…

※「三圃制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三圃制の関連キーワードフランドル農法ゲメンゲラーゲ穀草式農法三圃式農業村落共同体三圃制度農業革命領主制牧畑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android