コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリティラリア フリティラリア Fritillaria; fritillary

3件 の用語解説(フリティラリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリティラリア
フリティラリア
Fritillaria; fritillary

ユリ科フリティラリア (バイモ) 属の総称。北半球の温帯に約 100種が分布する球根性多年草。日本原産のクロユリコバイモ,中国から渡来したバイモなども本属に含まれる。葉は互生,対生または輪生し,披針形ないし線形に近い長披針形。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリティラリア

バイモやクロユリの仲間を総称する属名であるが,園芸的にはその1種であるヨウラクユリ(オウカンユリとも)をさすことが多い。これは小アジアインドに原産する球根植物で,ヨーロッパでは古くから栽培されてきたが,日本でも近年,花壇や切花に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリティラリア
ふりてぃらりあ
[学]Fritillaria

ユリ科フリティラリア属の総称。北半球の温帯に約85種分布する。クロユリ(黒百合)、バイモ(貝母)F. verticillata var. thunbergii Miq.やインペリアリスF. imperialis L.がよく栽培される。耐寒性は強いが暑さには弱い。鉢植えや庭植えにする。バイモは中国原産。鱗茎(りんけい)は多肉質の2枚の鱗片が重なり合って球状となる。茎は高さ50センチメートル。3~4月、一茎に2~3個の鐘状花を開く。花は淡黄色で外面に緑色の条(すじ)が入り、内側に紫色の斑点(はんてん)がある。別名アミガサユリ(編笠百合)はこの花形に由来する。茶花として好まれ、球根は薬用とする。インペリアリスはヒマラヤ、中近東原産。球根は大形で、茎は高さ1メートル。葉は無柄の広披針(こうひしん)形で、30~40個が対生または互生して密につき、その中心から伸びた花茎頂に、径約4センチメートルの鐘状花を7~8個、輪状に垂下してつける。園芸品種が多く、花期は4~5月、花色は橙(だいだい)、黄、褐赤色などである。なお花には悪臭がある。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリティラリアの関連キーワードクロユリ(黒百合)黒百合チーゼル組中もやく・るもやつ・くくろゆり黒百合の棺エゾクロユリミヤマクロユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone