コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリティラリア Fritillaria; fritillary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリティラリア
Fritillaria; fritillary

ユリ科フリティラリア (バイモ) 属の総称。北半球の温帯に約 100種が分布する球根性多年草。日本原産のクロユリコバイモ,中国から渡来したバイモなども本属に含まれる。葉は互生,対生または輪生し,披針形ないし線形に近い長披針形。茎頂に1~十数花をつける。花は鐘形状に下垂する。フリティラリア・インペリアリス F.imperialisは堂々たる草姿で知られ,草丈 60~100cm。茎頂に十数個の黄色または橙赤色の花をつけ,ヨーロッパの庭園ではよくみられる植物の1つである。暗褐色の花をつけるフリティラリア・ペルシカ F.persicaのほか,地色の白色と紫紅色やチョコレート色が細かな市松模様になるフリティラリア・メレアグリス F.meleagrisなどが,観賞用に栽培される。 10月頃球根を植付ける。半日陰で管理し,花後に葉が黄変したら球根を掘上げて乾燥貯蔵する。多くの種は高温多湿に弱い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリティラリア

バイモやクロユリの仲間を総称する属名であるが,園芸的にはその1種であるヨウラクユリ(オウカンユリとも)をさすことが多い。これは小アジア〜インドに原産する球根植物で,ヨーロッパでは古くから栽培されてきたが,日本でも近年,花壇切花に利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリティラリア
ふりてぃらりあ
[学]Fritillaria

ユリ科フリティラリア属の総称。北半球の温帯に約85種分布する。クロユリ(黒百合)、バイモ(貝母)F. verticillata var. thunbergii Miq.やインペリアリスF. imperialis L.がよく栽培される。耐寒性は強いが暑さには弱い。鉢植えや庭植えにする。バイモは中国原産。鱗茎(りんけい)は多肉質の2枚の鱗片が重なり合って球状となる。茎は高さ50センチメートル。3~4月、一茎に2~3個の鐘状花を開く。花は淡黄色で外面に緑色の条(すじ)が入り、内側に紫色の斑点(はんてん)がある。別名アミガサユリ(編笠百合)はこの花形に由来する。茶花として好まれ、球根は薬用とする。インペリアリスはヒマラヤ、中近東原産。球根は大形で、茎は高さ1メートル。葉は無柄の広披針(こうひしん)形で、30~40個が対生または互生して密につき、その中心から伸びた花茎頂に、径約4センチメートルの鐘状花を7~8個、輪状に垂下してつける。園芸品種が多く、花期は4~5月、花色は橙(だいだい)、黄、褐赤色などである。なお花には悪臭がある。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フリティラリアの関連キーワードアミガサユリ瓔珞百合球根類

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android