コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリンカ Hlinka, Andrej

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリンカ
Hlinka, Andrej

[生]1864.9.27. スロバキア,チェルノバー
[没]1938.8.16. ブラチスラバ
スロバキアの政治家。カトリック司祭出身。 1905年人民党を結成。ハンガリーの支配に反対して 06~10年投獄。第1次世界大戦後チェコとの統一に反対,パリ講和会議で住民投票を要求。その後人民党を第1,2次両世界大戦間スロバキア最大の政党に育成した。 T.マサリクとのピッツバーグ協定を根拠にスロバキアの自治を強く要求。晩年教権ファシズムに傾き,死後支持者がナチス・ドイツと結んでスロバキアの分離を実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリンカ

スロバキアの民族主義的政治家。1889年からカトリックの聖職者を務めた。当時スロバキアはハンガリーの支配下にあり,大学におけるスロバキア語の授業や民族的文化団体も廃止され,ハンガリー化が強化されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フリンカ【Andrej Hlinka】

1864‐1938
スロバキアの民族主義的政治家。1889年からカトリック聖職者。1906年,反ハンガリー扇動活動の罪で入獄。18年10月30日,スロバキア人がチェコ人との統合を宣言した〈マルティン宣言〉に署名した一人。12月にジリナで成立したスロバキア人民党の党首となる。チェコの中央集権主義と同化政策に激しく反対し,チェコスロバキア共和国内のスロバキア人の自治権獲得に尽力した。【稲野 強】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フリンカの関連キーワードレイフ・オヴェ アンスネスティソ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android