コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーズ Freeze

翻訳|Freeze

パソコンで困ったときに開く本の解説

フリーズ

パソコンがいっさいの操作を受け付けなくなった状態です。凍ってしまったようになるのでこういいます。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

フリーズ(freeze)

[名](スル)
凍ること。凍りつくこと。また、凍らせること。冷凍。凍結。「生鮮品を急速にフリーズする」「フリーズ加工」
《nuclear freezeから》核凍結。核戦力を拡大せずに現状のまま凍結させようとする平和運動。
人に対して「動くな」と命令するときに用いる語。
ハングアップ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フリーズ

ハングアップ」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

フリーズ【freeze】

固まる。⇒固まる

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

フリーズ【freeze】

( 名 ) スル
凍ること。固まること。
ストップ-モーションのこと。
作動しなくなること。反応しなくなること。

フリーズ【frieze】

ギリシャ・ローマ建築において、アーキトレーブとコーニスの間に位置する部分。 → オーダー

フリーズ【Charles Carpenter Fries】

1887~1967) アメリカの言語学者。英語の品詞を、四つの類語と機能語に分類したことで知られる。構造言語学の手法による英語研究のほか、英語教育の分野でも名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーズ
frieze

建築用語。西洋建築のエンタブラチュア (梁部) における軒蛇腹 (→コーニス ) と下部のアーキトレーブとの間を連結する小壁の部分。または建物内・外壁の頂部の長く狭い装飾帯。一般に古代の公共建築では彫刻や絵画,文様などで装飾が施される場合が多い。ギリシアパルテノンのフリーズ彫刻はその代表例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーズ
ふりーず
Charles Carpenter Fries
(1887―1967)

アメリカの言語学者、英語教育学者。バックネル大学を経てミシガン大学教授(1928~1958)。この間、『初期近代英語辞典』編集主幹(1928~1958)、アメリカ言語学会会長(1939)、ミシガン大学英語研究所初代所長(1941~1956)を歴任した。アメリカ構造言語学の流れのなかで英語、とくに現代口語文法の実証的記述(American English Grammar, 1940 ; The Structure of English, 1952)を行う一方、その成果を外国人に対する英語教育に応用し、「オーラル・アプローチ」oral approach(口頭練習を主にした教授法)を提唱(Teaching English as a Foreign Language, 1945)、日本の英語教育にも大きな影響を与えた。[山田 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

フリーズ

生年月日:1887年11月29日
アメリカの言語学者
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フリーズの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))スマートフォン・タブレット型端末用語5xxx/6xxx Tester教材乾燥川エビ カメのごほうびひかりFDビタミン川エビソフトクリームフリーザーつぶつぶいちごポッキースイッチONトリーツ服部剛丈さん銃撃事件インスタントコーヒーイオニア式オーダーエルギン・マーブルジグザグフリーズコーンフロスティスープちゃんぽんミルキークッキーエンタブレチュアボバ・フェット大氷河の生存者ギガントマキア

フリーズの関連情報