コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ・ウィルヘルム[4世] Friedrich Wilhelm IV

世界大百科事典 第2版の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム[4世]【Friedrich Wilhelm IV】

1795‐1861
プロイセン王。在位1840‐61年。同3世の子。中世の身分制国家に国制の理想を見るロマン主義者で,豊かな教養のゆえに即位時国民の期待を集めたが,新時代の立憲主義には理解がなく,1848‐49年の革命(48年革命)においては,その優柔不断な態度によってみずから国王の権威を失墜させた。57年精神に異常をきたし,統治権を弟のウィルヘルム1世(1857年国王代理,58年摂政,61年即位)にゆだねている。【坂井 栄八郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフリードリヒ・ウィルヘルム[4世]の言及

【プロイセン】より

… これ以後,プロイセン公国は,ホーエンツォレルン家のもとに,同君連合のかたちで,歴代のブランデンブルク選帝侯の支配をうけるが,プロイセンに対するポーランドの宗主権はなおも存続した。ようやく〈大選帝侯〉フリードリヒ・ウィルヘルム(在位1640‐88)のとき,スウェーデン・ポーランド間の戦争(1655‐60)に乗じて,ブランデンブルクはポーランドからプロイセン公国における完全な主権を獲得し(1657),1660年のオリバOliva和約でこの主権はスウェーデン・ポーランド両国により承認された。 プロイセン公国でも,ブランデンブルクにおけると同様,16世紀以来ユンカー(地方貴族)の農奴制的な直営地経営(グーツヘルシャフト)が発展していた。…

※「フリードリヒ・ウィルヘルム[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリードリヒ・ウィルヘルム[4世]の関連キーワードオルミュッツ協約小ドイツ主義三月革命

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android