コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレジュス フレジュスFréjus

世界大百科事典 第2版の解説

フレジュス【Fréjus】

フランス南部,バル県の港町。地中海岸,カンヌの南西約35kmに位置する。人口3万1662(1982)。起源はローマ時代にさかのぼり,地名は〈ユリウスカエサルの市Forum Julii〉の名に由来する。中世をとおして貿易港湾として知られた。円形劇場など古代の遺跡,大聖堂(11~12世紀)の2層の回廊や5世紀にさかのぼる洗礼堂等,建築史上重要なものが残る。フランス革命時の政治家シュイエスは,ここの生れである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレジュス
ふれじゅす
Frjus

フランス南東部、バール県の都市。人口4万6801(1999)。コート・ダジュールサン・ラファエル北西3キロメートルにある保養都市コルクプラスチック、繊維の生産がある。紀元前49年カエサル建設のローマ軍港を起源とするが、海岸線の後退で海岸と港の間は運河となり、港湾都市の機能は衰退した。市名は、「ユリウス(カエサル)の市」Forum Juliiに由来する。司教座の所在地で、11~12世紀の大聖堂や、円形劇場などのローマ遺跡がある。思想家シエイエスの生地である。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フレジュスの関連情報