コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレスコバルディ Frescobaldi, Girolamo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレスコバルディ
Frescobaldi, Girolamo

[生]1583.9.9. フェララ
[没]1643.3.1. ローマ
イタリアのオルガン奏者,作曲家。 L.ルツァスキの弟子。 1607~08年フランドル地方を訪問。 08年ローマのサン・ピエトロ大聖堂のオルガン奏者に就任,生涯その地位にあった。門下に J.フローベルガーをはじめ傑出したオルガン奏者がいる。主として鍵盤楽曲を作曲。主作品はオルガン曲集『フィオーリ・ムジカーリ』 (1635) ,器楽合奏のためのカンツォーナマドリガル曲集など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フレスコバルディ

イタリアの作曲家,オルガン奏者,ハープシコード奏者。フェラーラに生まれ,25歳でオルガン奏者最高の地位,ローマのサン・ピエトロ聖堂のオルガン奏者に就任。以後終生この職にあり,のちにはマントバとフィレンツェ宮廷のオルガン奏者も兼務,名声をほしいままにした。教師としてもすぐれ,門下からはフローベルガー,J.K.vonケルル〔1627-1693〕らドイツの名オルガン奏者,作曲家も輩出し,その影響はJ.S.バッハをはじめバロック中期以降のあらゆるオルガン楽派に及んでいる。作品の多くは鍵盤(けんばん)曲で,ベネチア楽派をはじめとするイタリアの諸様式に加え,表出力に満ちたバロックの精神が躍動する。オルガンのためのトッカータリチェルカーレ,チェンバロ(ハープシコード)曲などのほか,マドリガル,トリオ・ソナタソナタ)なども残した。代表作に,晩年に出版されたオルガン・ミサ曲集《音楽の華(フィオーリ・ムジカーリ)》(1635年)などがある。→マリピエロレスピーギ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フレスコバルディ【Girolamo Frescobaldi】

1583‐1643
イタリアの作曲家,オルガン奏者,ハープシコード奏者。フェラーラに生まれ,1608年,弱冠25歳でローマのサン・ピエトロ大聖堂のオルガン奏者となる。作品は鍵盤曲が大半を占めるが,ルネサンスの伝統的な対位法に基づくファンタジアやリチェルカーレに対して,カンツォーナやトッカータには新しいバロックの精神が示されている。とくに,マドリガルの手法を取り入れた彼独自のトッカータには,就任演奏の際に3万人の聴衆が集まったといわれ,その腕前が最もよく現れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フレスコバルディ【Girolamo Frescobaldi】

1583~1643) イタリアの作曲家・オルガン奏者。ローマの聖ピエトロ大聖堂のオルガン奏者を務め、初期イタリア-バロックの主要な器楽様式を確立、のちの鍵盤音楽に多大な影響を与える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレスコバルディ
ふれすこばるでぃ
Girolamo Frescobaldi
(1583―1643)

初期バロックを代表するイタリアの作曲家、オルガン奏者、ハープシコード奏者。9月15日ごろ北イタリアの文化都市フェッラーラで生まれ、同地の宮廷オルガン奏者ルッツァスキに師事したが、1594~96年同地に滞在したジェズアルドの影響も受けた。おそらく1601年、師のルッツァスキとともにローマに出てオルガン奏者兼歌手として活躍し、07年にはサンタ・マリア・イン・トラステベレ教会のオルガン奏者となるが、同年パトロンのベンティボリオに従いブリュッセルに旅している。08年から、43年3月1日の死の直前までローマのサン・ピエトロ大聖堂のオルガン奏者として活躍し、名声をかちえた。アルドブランディーニ枢機卿(すうききょう)の宮廷にも仕えていた。多数の作品のなかでもとくにトッカータ集(1615)は彼の名人芸を伝える作品として知られている。リチェルカーレ集(1615)、カンツォーネ集(1623)も重要だが、『フィオーリ・ムジカーリ(音楽の花束)』(1635)は、バッハをはじめとした後代のドイツの音楽家にも大きな影響を及ぼした。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフレスコバルディの言及

【リチェルカーレ】より

…16世紀の中ごろからモテットの手法を器楽に取り入れる形で発展し,やがて,G.ガブリエリやA.ガブリエリらのベネチア楽派の手で器楽固有の形式として整備されていった。この形式をとくに鍵盤楽器の主要形式へと高めたのはフレスコバルディであり,主題の拡大や縮小,また一つの声部が主題を奏し終わらないうちに他の声部がたたみ込むよう重なっていくストレットを伴ういっそう高度な技法を開拓した。やがてその手法はフローベルガーをはじめとする彼のドイツ人の弟子たちの手でドイツにもたらされ,形式の調的対立感,変化に富んだ主題作法などの作曲法をとるフーガへと形を変える。…

※「フレスコバルディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フレスコバルディの関連キーワードクルターグ:トランスクリプション マショーからバッハまで/1 piano 4 handsバロック時代 [baroque]聖ピエトロ大聖堂ビルトゥオーソスウェーリンクオルガン音楽バロック音楽カプリッチオアントネッロシャコンヌ樋口隆一9月9日幻想曲フーガ変奏曲

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレスコバルディの関連情報