コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレノー フレノーFrénaud, André Jean Claude

3件 の用語解説(フレノーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレノー
フレノー
Frénaud, André Jean Claude

[生]1907.7.26. ソーヌエロアール,モンソーレミーヌ
[没]1993.6.21. パリ
フランスの詩人。シュルレアリストとして出発。第2次世界大戦で捕虜となり,処女詩集『東方の賢者』 Les Rois-Mages (1943) の大部分は収容所で書かれた。そのほか『ブランデンブルク詩集』 Poèmes de Brandebourg (48) ,『床下詩集』 Poèmes de dessous le plancher (49) から『ローマの魔女』 La Sorcière de Rome (73) まで,多くの詩集がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フレノー
フレノー
Freneau, Philip(Morin)

[生]1752.1.2. ニューヨーク
[没]1832.12.18. ニュージャージー,モンマス
アメリカの詩人。ニュージャージー (現プリンストン) 大学在学中に同期生 H. H.ブラッケンリッジと合作した愛国詩『アメリカの高まりゆく栄光』 The Rising Glory of America (1771) の作者として,また「アメリカ革命の詩人」として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレノー
ふれのー
Philip Morin Freneau
(1752―1832)

独立期のアメリカの詩人。ニューヨーク生まれ。少年時代はおもに家庭で教育を受け、のちプリンストン大学に進む。学生時代から詩作し、友人と匿名で書いた愛国詩『いやますアメリカの栄光』(1771)の出版を機に詩人として出発した。独立戦争が始まるとイギリスを攻撃した風刺詩を数編発表したが、人身攻撃の応酬に嫌気がさし、2年間、西インド諸島に滞在し『サンタ・クルスの美』など、後のロマン主義先触れになる詩を書いた。イギリスの捕虜となった体験をもとに『イギリス捕囚船』(1781)を発表し、イギリス風刺の詩を多く書き、独立戦争に献身して「アメリカ革命の詩人」とよばれた。18世紀の啓蒙(けいもう)主義と19世紀のロマン主義の過渡期に生き、彼の詩風にはその両面がうかがえるが、自然詩にもみるべきものが多い。[秋山 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フレノーの関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇オスメーニャエンデカッペンクラーク塚原渋柿園綱島梁川朴泳孝ブッセ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレノーの関連情報