フレノー(英語表記)Frénaud, André Jean Claude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレノー
Frénaud, André Jean Claude

[生]1907.7.26. ソーヌエロアール,モンソーレミーヌ
[没]1993.6.21. パリ
フランスの詩人。シュルレアリストとして出発。第2次世界大戦で捕虜となり,処女詩集『東方の賢者』 Les Rois-Mages (1943) の大部分は収容所で書かれた。そのほか『ブランデンブルク詩集』 Poèmes de Brandebourg (48) ,『床下詩集』 Poèmes de dessous le plancher (49) から『ローマの魔女』 La Sorcière de Rome (73) まで,多くの詩集がある。

フレノー
Freneau, Philip(Morin)

[生]1752.1.2. ニューヨーク
[没]1832.12.18. ニュージャージー,モンマス
アメリカの詩人。ニュージャージー (現プリンストン) 大学在学中に同期生 H. H.ブラッケンリッジと合作した愛国詩『アメリカの高まりゆく栄光』 The Rising Glory of America (1771) の作者として,また「アメリカ革命の詩人」として知られる。自然詩,愛国詩,ロマン的な詩など,さまざまな傾向の詩を書いた。おもな作品に,『サンタ・クルスの美しき人々』 The Beauties of Santa Cruz (76) ,『夜の家』 The House of Night (76) ,『イギリス捕虜収容船』 The British Prison-Ship (81) ,『野生の忍冬 (すいかずら) 』 The Wild Honey Suckle (86) ,『インディアン墓地』 The Indian Burying Ground (88) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレノー
ふれのー
Philip Morin Freneau
(1752―1832)

独立期のアメリカの詩人。ニューヨーク生まれ。少年時代はおもに家庭で教育を受け、のちプリンストン大学に進む。学生時代から詩作し、友人と匿名で書いた愛国詩『いやますアメリカの栄光』(1771)の出版を機に詩人として出発した。独立戦争が始まるとイギリスを攻撃した風刺詩を数編発表したが、人身攻撃の応酬に嫌気がさし、2年間、西インド諸島に滞在し『サンタ・クルスの美』など、後のロマン主義の先触れになる詩を書いた。イギリスの捕虜となった体験をもとに『イギリス捕囚船』(1781)を発表し、イギリス風刺の詩を多く書き、独立戦争に献身して「アメリカ革命の詩人」とよばれた。18世紀の啓蒙(けいもう)主義と19世紀のロマン主義の過渡期に生き、彼の詩風にはその両面がうかがえるが、自然詩にもみるべきものが多い。[秋山 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android