コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレマールの画家 フレマールのがか Master of Flémalle

4件 の用語解説(フレマールの画家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレマールの画家
フレマールのがか
Master of Flémalle

1430年頃活躍したフランドルの画家。フレマール修道院にあったと思われる祭壇画 (フランクフルトアムマイン,シュテーデル美術研究所) にちなんで呼称される。活躍はヤン・ファン・アイクよりも早く,ネーデルラント・ルネサンスの開拓者ともいえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フレマールの画家【フレマールのがか】

15世紀前半に活動したネーデルラントの画家。生涯や名は不明で,フランドルのフレマール修道院旧蔵といわれる聖母子の祭壇画《フレマールの祭壇翼画》(フランクフルト,シュテーデル美術館蔵)からこの名がついた。
→関連項目ロホナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フレマールのがか【フレマールの画家 Maître de Flémalle】

1378か79‐1444
ネーデルラントの画家。フランクフルト,シュテーデル美術研究所所蔵の《聖布をもつベロニカ》ほか2点の来歴がリエージュ近郊のフレマール修道院に帰せられて以来,この名称が生まれた。しかし今日大半の研究者は,トゥルネー市の公式画家カンピンRobert Campinと同一人物とみなす。同市の古記録から,1427年から32年まで彼の工房にロジュレ・ド・ラ・パスチュールRogelet de la Pasture(ロヒールファン・デル・ウェイデンと推定される)とダレJacques Daretが弟子として働いていたことが判明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレマールの画家
ふれまーるのがか
Matre de Flmalleフランス語

生没年不詳。15世紀ネーデルラントの逸名画家。ヤン・ファン・アイク、ロヒール・ファン・デル・ワイデンと並ぶ初期ネーデルラント絵画の第一世代に属する。リエージュ近郊の、いわゆる『フレマール修道院の祭壇画』と伝えられる3枚の板絵(フランクフルト、シュテーデル美術館)にちなんでこうよばれ、『メローデ祭壇画』やディジョンの『聖誕』を中心とする作品群が同画家に帰される。ワイデンとの様式的類似から、その師トゥールネーロベルト・カンピンとする説が近年有力である。ヤンと同じくもっとも早く油彩画技法に習熟した画家。空間よりも画平面への意識が強く、鮮やかな色彩で対象の細密な描写を実現する一方で、風景や光の処理では鋭い自然観察を示している。[保井亜弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフレマールの画家の言及

【ファン・デル・ウェイデン】より

…ヤン・ファン・アイクと並ぶ15世紀前半フランドル絵画の巨匠で,ヤンの透徹した写実に対し,木彫群像を思わせる重厚な構図と涙など真率な感情の表現を特色とする画風は,後世のフランドルないし北方一般の絵画にヤンよりも大きな影響を及ぼした。1427年5月トゥルネーの画家カンピン(おそらくフレマールの画家)の工房に入門,32年8月親方となり,36年にはすでにブリュッセルの〈市の画家〉と呼ばれた。推定生年からすれば,カンピン工房への入門は27歳ころとなり,当時の慣行では異例に遅い。…

【フランドル美術】より

…しかも精緻な写実に驚くべき技量を見せながら瑣末主義にはおちいらず,フランドル15~16世紀絵画ではむしろ例外的というべきモニュメンタリティを達成している。トゥールネに記録の残るカンピンRobert Campinと近年同一視されている〈フレマールの画家〉も,空間表現の整合性では同世代のファン・アイクに一歩を譲るものの,彫塑的人体把握においては同様に革新者たる資格をもつ。カンピンの弟子と推定されるブリュッセルのR.ファン・デル・ウェイデンは,中世美術の宗教的力を新しい写実主義と結びつけ,主の〈受難〉を悲しむ人々の憔悴ぶりや頰を伝う涙などをありありと描いて,劇的表現力に満ちた作品を生み出した。…

※「フレマールの画家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フレマールの画家の関連キーワードネーデルラント戦争フランクフルトフランクフルトソーセージフランクフルト大聖堂ネーデルラント室内管弦楽団ネーデルラントの諺フランクフルト放送交響楽団フランクフルトマラソンフランクフルト・ムゼウム管弦楽団フランクフルター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone