コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロックス フロックス Phlox

7件 の用語解説(フロックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロックス
フロックス
Phlox

アメリカ原産のハナシノブ科の1属で約 60種があり,花が美しいため観賞用に栽培される種類も多い。園芸界で通常この名で呼ばれているのはクサキョウチクトウ (一名オイランソウ) P. paniculataとキキョウナデシコ P. drummondii,シバザクラ (モスフロックス) P. subulataなどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フロックス(〈ラテン〉Phlox)

ハナシノブ科フロックス属(クサキョウチクトウ属)の植物の総称。二年草または多年草で、北アメリカを中心に約50種が知られ、日本ではクサキョウチクトウ・シバザクラなどが栽培される。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フロックス

おもに北米原産のハナシノブ科の一属で約50種あり,日本でふつうにみられるのは以下の3種。フロックス・ドラモンディ(和名キキョウナデシコ)は半耐寒性の一〜二年草で,秋まきは4〜5月,早春まきは6〜7月に開花する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

フロックス

アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場するキャラクター。テレビシリーズ第5作「スタートレック:エンタープライズ」に登場する異星人、デノビュラ人男性。ドラマの主役艦である宇宙船「エンタープライズ」の主任医療士官。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フロックス【Phlox】

北アメリカの温帯地方に約50種,シベリアに1種が分布しているハナシノブ科フロックス属Phloxの総称。一年草または多年草で,美しい花を春から夏にかけて咲かせ,多くの種が花壇,ロックガーデン,切花に利用される。茎が直立するクサキョウチクトウや匍匐(ほふく)するシバザクラなど生活型に違いがある。クサキョウチクトウ,シバザクラなどの多年草は耐寒力が強く露地で越冬するが,一・二年草のキキョウナデシコは日本では冬季霜よけを必要とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フロックス【Phlox】

ハナシノブ科クサキョウチクトウ属の植物の総称。北アメリカ原産。日本ではクサキョウチクトウ・キキョウナデシコ・シバザクラが広く栽培されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロックス
ふろっくす
[学]Phlox

ハナシノブ科フロックス属の総称。一年草または多年草。耐寒性のものが主であるが、半耐寒性のものもある。葉は全縁で対生するが、上部で互生となることもある。花は葉腋(ようえき)に単生、または茎頂に叢生(そうせい)し、集散花序または円錐(えんすい)花序をなす。花色は緋紅(ひこう)、青、桃、白色などで、萼片(がくへん)は細長い釣鐘形で先端は5裂する。北アメリカに約50種、シベリアに1種分布する。高性の多年草であるオイランソウ(花魁草)P. paniculata L.や一年草のキキョウナデシコ(桔梗撫子)P. drummondii Hook.、ロック・ガーデンや庭植えなどに多く利用されるシバザクラ(英名モス・フロックス)P. subulata L.をはじめ、匍匐(ほふく)性のものから直立矮性(わいせい)種まで、多くの種類が知られる。花壇、鉢植え、切り花用と利用法も多い。オイランソウはクサキョウチクトウ(草夾竹桃)ともいい、花の香りが花魁(おいらん)のおしろいに似ることから名がついた。北アメリカ原産で、日本には大正初期に渡来したとされる。高さ1メートルで、花期は6~9月。庭植え用であるが、最近は切り花に、また矮化剤利用の鉢物として注目され、すばらしい園芸種が出てきた。品種数は300種近いとされ、耐寒性が強く、つくりやすい。キキョウナデシコは北アメリカのテキサス原産で、高さ15~50センチメートル。このほか、ロック・ガーデン用として数種類みられる。
 栽培は容易で、日当り、排水、通風のよい所に石灰を施す(石灰質を好む)。春または秋、株間40センチメートルで定植し、3~4年植え替えないでよい。繁殖は株分け(4月)、挿木(5月)のほか実生(みしょう)もできる。なおキキョウナデシコは、暖地では9月中旬に播種(はしゅ)し、10月中旬に株間20センチメートルで定植、寒地では苗床を防寒して3月中旬に定植する。とくに寒い所は3~4月播(ま)きがよい。[魚躬詔一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フロックスの関連キーワードアメリカの声イベロアメリカアメリカ杉アメリカ防風シベリアンハスキー北米亜米利加アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フロックスの関連情報