コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロックス Phlox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロックス
Phlox

北アメリカ原産のハナシノブ科の1属で約 60種があり,花が美しいため観賞用に栽培される種類も多い。園芸界で通常この名で呼ばれているのはクサキョウチクトウ (一名オイランソウ) P. paniculataとキキョウナデシコ P. drummondii,シバザクラ (モスフロックス) P. subulataなどである。クサキョウチクトウは北アメリカ東部と中部に原産する多年草で,高さ 1m前後となり,長さ 10~12cmの披針形の葉を十字対生につける。夏に,茎の上部に大きな総状花序をつくって,ピンクや白の美花を多数つける。花には細く長い花筒とその上部で急に平開して5枚に割れる花冠があり,平開部の径は2~3cm,のどもとの部分は特に色が濃い。つぼみのとき花冠の上部が布をしぼったように割れている。日本には古くから渡来したが,今日ではむしろ農村地帯に残っていてよく庭先に栽培される。シバザクラは北アメリカ東北部原産の背丈の低い多年草で,庭先や花壇の縁によく植えられ,地面をおおうように繁殖する。よく分枝して小さな葉を多数対生し,春に,各葉腋からサクラソウに似た5弁花を密につける。花色はピンク,白,赤,紫などがある。最近はモスフロックスの名で呼ばれることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フロックス(〈ラテン〉Phlox)

ハナシノブ科フロックス属(クサキョウチクトウ属)の植物の総称。二年草または多年草で、北アメリカを中心に約50種が知られ、日本ではクサキョウチクトウ・シバザクラなどが栽培される。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フロックス

おもに北米原産のハナシノブ科の一属で約50種あり,日本でふつうにみられるのは以下の3種。フロックス・ドラモンディ(和名キキョウナデシコ)は半耐寒性の一〜二年草で,秋まきは4〜5月,早春まきは6〜7月に開花する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フロックス

アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場するキャラクター。テレビシリーズ第5作「スタートレック:エンタープライズ」に登場する異星人、デノビュラ人男性。ドラマの主役艦である宇宙船「エンタープライズ」の主任医療士官。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロックス【Phlox】

北アメリカの温帯地方に約50種,シベリアに1種が分布しているハナシノブ科フロックス属Phloxの総称。一年草または多年草で,美しい花を春から夏にかけて咲かせ,多くの種が花壇,ロックガーデン,切花に利用される。茎が直立するクサキョウチクトウや匍匐(ほふく)するシバザクラなど生活型に違いがある。クサキョウチクトウ,シバザクラなどの多年草は耐寒力が強く露地で越冬するが,一・二年草のキキョウナデシコは日本では冬霜よけを必要とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フロックス【Phlox】

ハナシノブ科クサキョウチクトウ属の植物の総称。北アメリカ原産。日本ではクサキョウチクトウ・キキョウナデシコ・シバザクラが広く栽培されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロックス
ふろっくす
[学]Phlox

ハナシノブ科フロックス属の総称。一年草または多年草。耐寒性のものが主であるが、半耐寒性のものもある。葉は全縁で対生するが、上部で互生となることもある。花は葉腋(ようえき)に単生、または茎頂に叢生(そうせい)し、集散花序または円錐(えんすい)花序をなす。花色は緋紅(ひこう)、青、桃、白色などで、萼片(がくへん)は細長い釣鐘形で先端は5裂する。北アメリカに約50種、シベリアに1種分布する。高性の多年草であるオイランソウ(花魁草)P. paniculata L.や一年草のキキョウナデシコ(桔梗撫子)P. drummondii Hook.、ロック・ガーデンや庭植えなどに多く利用されるシバザクラ(英名モス・フロックス)P. subulata L.をはじめ、匍匐(ほふく)性のものから直立矮性(わいせい)種まで、多くの種類が知られる。花壇、鉢植え、切り花用と利用法も多い。オイランソウはクサキョウチクトウ(草夾竹桃)ともいい、花の香りが花魁(おいらん)のおしろいに似ることから名がついた。北アメリカ原産で、日本には大正初期に渡来したとされる。高さ1メートルで、花期は6~9月。庭植え用であるが、最近は切り花に、また矮化剤利用の鉢物として注目され、すばらしい園芸種が出てきた。品種数は300種近いとされ、耐寒性が強く、つくりやすい。キキョウナデシコは北アメリカのテキサス原産で、高さ15~50センチメートル。このほか、ロック・ガーデン用として数種類みられる。
 栽培は容易で、日当り、排水、通風のよい所に石灰を施す(石灰質を好む)。春または秋、株間40センチメートルで定植し、3~4年植え替えないでよい。繁殖は株分け(4月)、挿木(5月)のほか実生(みしょう)もできる。なおキキョウナデシコは、暖地では9月中旬に播種(はしゅ)し、10月中旬に株間20センチメートルで定植、寒地では苗床を防寒して3月中旬に定植する。とくに寒い所は3~4月播(ま)きがよい。[魚躬詔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フロックスの関連キーワード草夾竹桃花爪草芝桜

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android