コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンパーディンク フンパーディンクHumperdinck, Engelbert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フンパーディンク
Humperdinck, Engelbert

[生]1854.9.1. ジークブルク
[没]1921.9.27. ノイシュトレーリッツ
ドイツの作曲家。ケルンミュンヘンの音楽院に学び,1879年メンデルスゾーン賞によってイタリアへおもむき,80~82年にはワーグナーの助手としてバイロイトで働いた。 85~87年はバルセロナ音楽院で作曲の教鞭をとり,90年フランクフルトアムマインの音楽院で教え,同時に『フランクフルト・ツァイトゥンク』紙のオペラ批評家としても活躍。 1900~20年ベルリンの音楽学校作曲科の主任。主作品は 1893年初演のオペラ『ヘンゼルとグレーテル』ほか劇音楽,合唱曲歌曲管弦楽曲,ピアノ曲など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フンパーディンク

ドイツの作曲家。ケルンとミュンヘンの音楽学校で学ぶ。1880年旅先のナポリでR.ワーグナー知遇を得,その依頼で《パルジファル》のバイロイト初演(1882年)準備に加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フンパーディンク【Engelbert Humperdinck】

1854‐1921
ドイツの作曲家。ケルン音楽院,ミュンヘン王立音楽学校に学び,1880‐82年バイロイトでR.ワーグナーの助手。バルセロナ,ケルン,フランクフルト・アム・マインで作曲を教えた後,1900年ベルリン高等音楽学校教授に招かれた。代表作はオペラ《ヘンゼルとグレーテル》(1893)で,グリム童話に題材をとり民謡風の旋律とともにワーグナーの手法を特徴とする。ほかに同じく童話オペラ《王子と王女》(1910)などの作品が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フンパーディンク
ふんぱーでぃんく
Engelbert Humperdinck
(1854―1921)

ドイツの作曲家。ケルン音楽院でF・ヒラーに、ついでミュンヘン王立音楽学校でラインベルガーに師事。1890年、イタリア旅行中にワーグナーと出会い、彼の依頼でバイロイトに赴き、『パルジファル』初演のための助手をつとめる。その後、バルセロナ、ケルン、フランクフルト・アム・マインなどで作曲教師、音楽批評家として活躍。93年、ワイマールにおいてR・シュトラウスの指揮で初演されたオペラ『ヘンゼルとグレーテル』は好評を博し、同年中に50を超える歌劇場で上演された。この童話オペラは、ワーグナーの楽劇の手法を取り入れ、親しみやすい民謡風の旋律を用いて書かれており、現在でも演奏される機会は多い。そのほかオペラ『不本意な結婚』(1905)、同『王様の子供たち』(1910)、シェークスピアやメーテルリンクの戯曲のための付帯音楽が知られている。[寺田兼文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フンパーディンクの関連キーワードグルリット マンフレートマンフレット グルリットカール シューリヒトスコット, シリルこうして踊ろうよリリース・ミーグルリット田村公典9月1日ワイル

フンパーディンクの関連情報