コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブエナベントゥラ ブエナベントゥラ Buenaventura

4件 の用語解説(ブエナベントゥラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブエナベントゥラ
ブエナベントゥラ
Buenaventura

コロンビア西部,バイェデルカウカ州西部の都市。州都カリの北西約 80km,太平洋岸の港湾都市で,ブエナベントゥラ湾内の小島カスカハル島にある。 1540年建設。高温多雨の低湿地帯にあり,交通の便も悪かったため,長い間あまり発展しなかったが,1930年代に内陸部と結ぶ道路が改良され,道路輸送による貨物が増加してから急速に発展,港湾施設が近代化され,空港も建設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブエナベントゥラ

コロンビア西部,太平洋岸の港湾都市。19世紀後半,付近にバナナ農園が開設され,1914年パナマ運河の開通とカリへの鉄道の開通によって発展。コーヒー輸出量の大部分がここで扱われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブエナベントゥラ【Buenaventura】

コロンビア,太平洋岸最大の港湾都市。人口26万6988(1995)。1540年同名の湾内のカスカハル島に創設された。植民地時代は高温多雨の自然条件とマラリアのため発展しなかったが,19世紀後半,付近にバナナ農園が開設され多少にぎわいを見せだした。1914年のパナマ運河開通と,カリへの鉄道開通によって都市は発展を始め,今日ではコーヒーの輸出量の大部分がここで扱われる。【上谷 博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブエナベントゥラ
ぶえなべんとぅら
Buenaventura

南アメリカ北西部、コロンビア西部の太平洋岸にある港湾都市。人口26万3137(1999)。ブエナベントゥラ湾湾奥のカスカハル島に位置する同国第二の貿易港で、干満の差が大きく沖荷役(にやく)が長く行われてきたが、港湾施設の建設が進んでいる。カウカ川河谷とマグダレナ川河谷の上・中流域を後背地にもち、コーヒー、砂糖、エビ、皮革などを輸出。年平均気温29℃、年降水量6600ミリメートルでマラリアなどの熱帯病が多く、ロックフェラー財団の援助でマラリア対策が普及し町の発展に寄与した。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブエナベントゥラの関連キーワードコロンビア川コロンビア特別区ツーロンバンクーバーブリティッシュコロンビアコロンビア峡谷ダンマムオレゴン[州]バンクーバー[島]プリンス・ルパート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone