コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブギス族 ブギスぞくBugis; Buginese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブギス族
ブギスぞく
Bugis; Buginese

インドネシアのスラウェシ島南部の住民。人口約 330万と推定される。オーストロネシア語族に属する言語を話し,マカッサル族と同形の文字をもつ。オランダ統治以前は,この地域はいくつもの小王国が支配しており,ブギス族のなかではボニ王国が勢力をもち,マカッサル族のゴワ王国と長い間争っていた。一方,マカッサル族とともに数世紀間,活発に交易と海賊を行なっていた。 1667年にマカッサル市がオランダに降伏して,ブギス族はマレー諸島の諸地域に移民した。宗教は 17世紀初めに入ったイスラム教に大部分が改宗しているが,それ以前からの祖先崇拝もある。集落は 10~200軒の家屋の集りで,村民の大多数は1つの親族集団から成り,集団の長が集落の長となる。かつては貴族,平民,奴隷の別があった。生業は稲作を中心とする農業で,海岸では漁業を営む。古くから航海術にすぐれ,フィリピン,全インドネシアで交易した。婚姻はいとこ婚が普通で,両親が決め,婚資を必要とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブギスぞく【ブギス族 Bugis】

インドネシアのスラウェシ(セレベス)島の南西半島(南スラウェシ州)に居住する種族。人口350万(1971)。ブギスはインドネシア語の呼称で,ブギス語ではウギッUgi’という。半島の南端に住むマカッサル族とは言語,文化とも類似点が多く,ブギス・マカッサル族と一括して称されることもある。焼畑もかなり行っていたが,現在はほとんど水稲耕作で,トウモロコシ,バナナの栽培やチョウジ,ココヤシのプランテーションにも従事している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブギス族の関連キーワードカリマンタンティムール州ハジャファティマモスクスラウェシトゥンガラ州スラウェシスラタン州スラウェシバラット州バンカブリトゥン州ウジュン・パンダンブトゥン[島]カリマンタンブトゥン島サマリンダトラジャ族新マレー人カチャピトアラ族