コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブトゥン島 ブトゥンとう Pulau Butung

3件 の用語解説(ブトゥン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブトゥン島
ブトゥンとう
Pulau Butung

ブトン Buton島ともいう。インドネシアスラウェシ (セレベス) 島南東部の半島先端にムナ島を経て連なる島。スラウェシトゥンガラ州に属する。石灰岩の丘陵が連なり,樹木におおわれる。住民はかつてイスラム王国を建設し,トウモロコシ栽培を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブトゥン‐とう〔‐タウ〕【ブトゥン島】

Pulau Butung》インドネシア中部、スラウェシ島南東岸の沖合に浮かぶ島。中心地は南西岸の港町バウバウ。交易の中継地として栄え、16世紀頃にスルターン王国の王宮と要塞が築かれた。天然のアスファルトを産する。ブトン島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブトゥン島
ぶとぅんとう
Pulau Butung

インドネシア中部、スラウェシ島南東岸の島。狭いブトゥン水道を隔てて西のムナ島と接する。面積5180平方キロメートル。南北に細長い島で、複雑な海岸線をもつ。全体的に山がちな地形をなし、北端部に最高峰のワニ山(1190メートル)がそびえる。住民はムナ・ブトゥン系種族が大部分で、トウモロコシ、コプラなどを栽培する。天然アスファルトの産地として知られ、中心都市は南西岸のバウバウ。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブトゥン島の関連キーワードインドネシアインドネシア語派ビリトン島インドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアビリトゥン[島]ガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone