コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッハー Blacher, Boris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッハー
Blacher, Boris

[生]1903.1.6. 中国,営口
[没]1975.1.30. ベルリン
ドイツの作曲家。ベルリン建築学,作曲,音楽学を学ぶ。 1938~39年ドレスデン,48年以降ベルリン音楽学校で教え,53年ベルリン音楽学校長となる。鋭いリズム感覚と風刺的作風,簡潔で効果的な管弦楽法によって,バレエ音楽室内オペラ,各種の器楽曲を作曲。

ブラッハー
Bracher, Karl Dietrich

[生]1922.3.13. シュツットガルト
ドイツの政治学者。ベルリン自由大学教授,ボン大学教授,ドイツ政治学会会長などを歴任。研究分野はドイツ現代史,政治思想史など多岐に及ぶ。主著『ワイマール共和国の崩壊』 Die Auflösung der Weimarer Republik (1955) ,『ドイツの独裁』 Die deutsche Diktatur (69) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラッハー【Boris Blacher】

1903‐75
ドイツの作曲家。中国の牛荘に生まれ,イルクーツク,ハルピンで中・高等教育を受ける。19歳のとき(1922)ベルリンへ戻り工科大学に入るが,24年からF.E.コッホに作曲を学び,27‐31年にはベルリン大学で音楽学を学んでいる。38年ドレスデン音楽院の作曲教師,48年ベルリン高等音楽学校作曲教授,53‐70年同校校長を歴任した。作風は両大戦間の新古典主義に根ざしており,即物的なトーンと短い動機の反復的な積重ねに特徴がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッハー
ぶらっはー
Boris Blacher
(1903―1975)

ドイツの作曲家。中国で生まれる。1922年ベルリンに移り、ベルリン高等音楽学校でフリードリヒ・E・コッホに作曲を(1924~1926)、ベルリン大学で音楽学を学ぶ(1927~1931)。1948年よりベルリン高等音楽学校教授、1953~1970年同校校長を務めた。弟子にアイネムユン・イサン尹伊桑)らがいる。舞台音楽に優れた才能を示し、十二音技法によるオペラやバレエ、電子音によるオペラ、筋のない実験的オペラなどを発表。また拍子を組織的に増減させる「可変拍子」を器楽に用いて注目を浴びた。オペラ『ロメオとジュリエット』(1943)、『ロザムンデ・フローリス』(1960)、『抽象オペラ第一番』(1953)、ピアノ曲『オルナメンテ』(1950)などがある。[寺田由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブラッハーの関連キーワードガイ ブラウンシュタインニコロ カスティリオーニゴットフリード アイネムギゼルハー クレーベヘルムート ロロフヴィルデ フラングコリア ブラッハー1月19日石井 眞木石井真木フーバー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android