ブラフマ・サマージ(読み)ブラフマサマージ

百科事典マイペディアの解説

ブラフマ・サマージ

近代インドの宗教・社会改革運動団体。1828年R.M.ローイが偶像崇拝を排斥し,普遍的信仰を唱えるブラフマ・サバーを創設。1843年以後タゴールを中心としてブラフマ・サマージが組織化された。普遍的信仰と,ヒンドゥー教および近代合理主義とのはざまで苦悶したが,その過程で民族運動や社会改革運動の形成を進め,近代インド精神の発展を促進した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラフマ・サマージ
ぶらふまさまーじ
Brahma Samj

近代インドの宗教・社会改革団体。ラーム・モーハン・ローイによって1828年にカルカッタ(現コルカタ)で創設された。ローイはヒンドゥー教に基盤を置きつつ、その偶像崇拝や寡婦殉死の悪習に反対、キリスト教やイスラム教とヒンドゥー教の融和を主張した。しかし、彼の渡英(1830)後、運動は一時沈滞したが、42年にD・タゴールの創設した「真理にめざめる会」と合併し、社会教育活動の面での活発な運動が展開された。ついで57年にはセーンが加わり、タゴールと2人による指導が続けられたが、両者の考え方の差はどうしようもなく、66年にはセーンが分派をつくった。それ以後は社会福祉面での活動が中心となっている。[増原良彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android