コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニキュス Britannicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリタニキュス
Britannicus

フランスの劇作家ジャン・ラシーヌの悲劇。5幕,韻文。 1669年 12月 13日,オテル・ド・ブルゴーニュ座で初演。翌年刊。タキツスの『年代記』に拠るローマ史を題材に,暴君ネロが悪に傾く危機をとらえて,権勢欲と野心と盲目的愛情の渦巻く絶望的な世界を描き出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブリタニキュス(〈フランス〉Britannicus)

ラシーヌによる悲劇。1669年発表。古代ローマ史を題材とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ブリタニキュス【Britannicus】

フランスの劇作家J.ラシーヌの第5作。5幕の韻文悲劇。初演は1669年12月,ブルゴーニュ座。悲劇《アンドロマック》(1667)の驚異的成功によって新進悲劇詩人としての地位を築いたラシーヌであるが,大コルネイユを中心とする旧世代からは,甘い恋愛悲劇しか書けぬ詩人という批判が絶えなかった。《ブリタニキュス》は,素材をタキトゥス《年代記》によるローマ史に取り,政治悲劇としてコルネイユ以上にコルネイユ的悲劇を書くことによって,そのような批判に応じようとした作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニキュスの関連キーワードジャック ボナフェ青山伊津美古典主義

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android