ブリヂストン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリヂストン

タイヤの世界トップメーカー。 1918年石橋正二郎が設立した日本足袋が前身。 30年に純国産自動車タイヤ第一号を試作。商品名を「ブリヂストン」とする。 31年にブリヂストンタイヤ設立。 42年日本タイヤと改称。 49年ブリヂストン自転車を分離設立。 51年ブリヂストンタイヤと改称。 52年大阪和泉撚糸を合併。 84年現社名に変更。自動車タイヤを中心に建設機械用大型タイヤ,ホース,ベルトなどの各種工業用ゴム製品,ウレタンフォームなどを生産している。海外進出も盛んに行い,63年ブリヂストン・シンガポール,67年タイ・ブリヂストン,ブリヂストンタイヤ・アメリカ,73年ブリヂストンタイヤ・インドネシア,ブリヂストン・イランをはじめ,88年アメリカのファイヤーストーン・タイヤ・アンド・ラバーを買収するなど関連会社多数。ゴルフボールなどスポーツ用品にも進出。売上構成比は,タイヤ 76%,化工品 24%。年間売上高2兆 2366億 9800万円 (連結。うち輸出 43%) ,資本金 1222億 3400万円 (1998) ,従業員数1万 3685名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ブリヂストン

創業者・石橋正二郎の姓を直訳してstonebridge、これをひっくり返してbridgestone

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ブリヂストン

正式社名「株式会社ブリヂストン」。英文社名「BRIDGESTONE CORPORATION」。ゴム製品製造業。昭和6年(1931)「ブリッヂストンタイヤ株式会社」設立。同17年(1942)「日本タイヤ株式会社」に改称。同26年(1951)「ブリヂストンタイヤ株式会社」に改称。同59年(1984)現在の社名に変更。本社は東京都中央区京橋。タイヤメーカー。シェア世界トップクラス。ほかに化成品やスポーツ用品など。東京(第1部)・名古屋(第1部)・福岡の各証券取引所上場。証券コード5108。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブリヂストンの関連情報