コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリヤート共和国 ブリヤートBuryatia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリヤート〔共和国〕
ブリヤート
Buryatia

ロシア中東部,東シベリア南部にある共和国。 1923年ブリヤートモンゴル自治共和国として成立,58年ブリヤート自治共和国,91年共和国となる。首都ウランウデ。ザバイカリエにあり,バイカル湖ヤブロノブイ山脈にはさまれて位置する。大部分が山地,高原から成り,それらの間に盆地,河谷がある。大陸性気候で,1月の平均気温-25~-24℃,7月は 17~18℃。年降水量は大部分の地域で 500mm以下であるが,バイカル湖南端部周辺では 1200mmに達する。国土の大半は森林地帯に入るが,山間盆地にはステップがみられる。モンゴル系のブリヤート人の居住区であるが,住民に占めるブリヤート人の割合は約4分の1で,残りはほとんどロシア人である。家畜 (ウシ,ヒツジ,ヤギ,ウマ,トナカイ) の飼育を中心に,コムギ,カラスムギ,オオムギなどの栽培を行う。また狩猟,毛皮獣飼育も盛んである。鉱工業は豊かな地下資源の開発により発展し,モリブデン,タングステン,金,石炭などの採取を中心に,機械 (機関車,鉄道車両) ,木材加工,食品 (食肉,製粉,油脂) ,建設資材 (セメント,ガラス,アスベスト) などの工業が盛ん。交通はおもに南部を通るシベリア横断鉄道,その支線でウランウデで分岐してウラーンバートル方面へ延びる鉄道,ウラーンバートル,イルクーツク両方面と連絡するハイウェー,バイカル湖とセレンガ川の水運による。面積 35万 1300km2。人口 105万 6000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブリヤート共和国の関連キーワードウスチオルドゥインスキーブリヤートパンディタ・ハンボラマニジネアンガルスクトゥバ[共和国]アガブリヤートスタノボエ高原アルタンブラクセレンガ[川]バイカル[湖]ウラン・ウデモンゴル文字ブリヤート族東サヤン山脈バルグジン川ブリヤート語モンゴル族モンゴリアサヤン山地キャフタウドカン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブリヤート共和国の関連情報