コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガーコフ Bulgakov, Mikhail Afanas'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガーコフ
Bulgakov, Mikhail Afanas'evich

[生]1891.5.15. キエフ
[没]1940.3.10. モスクワ
ソビエト連邦の作家。大学卒業後に医師となったが,数年後医師を辞め執筆活動を開始。風刺短編作家として出発し,1920~22年,道標転換派の同人として新聞『その前夜』Nakanuneに作品を執筆した。長編『白衛軍』Belaya gvardiya(1925),風刺短編『運命の卵』Rokovye yaitsa(1925),『悪魔物語』D'yavoliada(1925)などを発表,また『白衛軍』を元にした戯曲『トゥルビン家の日々』Dni Turbinykh(1926)をはじめ 10編近い戯曲を書いたが,その多くは発売禁止となり,戯曲『逃亡』Beg(1928)は約 30年後の 1957年に初演された。長編巨匠とマルガリータ』Master i Margaritaは未発表のまま病死。この奇想天外な作品は 1966~67年に発表され大きな反響を呼んだ。

ブルガーコフ
Bulgakov, Sergei Nikolaevich

[生]1871.6.16. リブヌイ
[没]1944.7.12. パリ
ロシアの経済学者,神学者。司祭の家に生れ宗教教育を受けたが,マルクス主義の影響を受けて教会を去り,大学時代は経済学を専攻して,1901~18年キエフおよびモスクワ大学でマルクス主義経済学を教えた。革命後マルクス主義に幻滅し,N.ベルジャーエフ,P.ストルーベなどとともにロシア正教会に復帰。 18年司祭に任命されたが,23年故国より追放された。 25年パリに新設された正教会神学校教授となり生涯を神学体系の確立とエキュメニズム運動に尽した。主著『不滅の光』 (1917) ,『ヤコブの梯子』 (29) ,『神の仔羊』 (33) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルガーコフ(Mikhail Afanas'evich Bulgakov)

[1891~1940]ソ連小説家劇作家。幻想的手法と風刺によって革命後の現実を描き、暗に新政権を批判した。死後に公刊された長編小説巨匠マルガリータ」は、20世紀ロシア文学を代表する作品の一つとされる。他に小説「白衛軍」「犬の心臓」、戯曲「トゥルビン家の日々」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブルガーコフ

ロシア(ソ連)の作家。キエフ大学卒。革命後,ベルリンの〈道標転換〉派に属した。《運命の卵》(1924年)などグロテスクな風刺作品,戯曲《トゥルビン家の日々》(1926年),長編《白衛軍》(1924年)などで知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルガーコフ【Mikhail Afanas’evich Bulgakov】

1891‐1940
ソ連邦の作家。キエフ神学校教授の家庭に生まれ,1916年キエフ大学医学部を卒業し,医師となったが,ロシア革命後の国内戦の嵐のなかで文筆活動を開始した。21年にモスクワに出て,新聞の編集にたずさわりながら,短編を発表しはじめ,長編《白衛軍》を執筆した。キエフで経験したブルガーコフ自身の体験と密接に結びつき,〈革命とインテリゲンチャ〉の問題を主題としたこの作品は,1925年《ロシア》誌に第1部,第2部が掲載されたが,同誌の廃刊のために全編の発表はできなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブルガーコフ【Mikhail Afanas'evich Bulgakov】

1891~1940) ソ連の小説家・劇作家。鋭い風刺と幻想的な手法を駆使して、ソ連文学の枠組みを破る作品を書いた。「巨匠とマルガリータ」は、二〇世紀ロシアの長編の最高峰の一つ。他に小説「犬の心臓」、戯曲「トゥルビン家の日々」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブルガーコフの関連キーワードヤング・ドクターコラボレーターズフロローフスキーモスクワ芸術座オクチャーブリスタニーツィンザミャーチンアンドレイ坂同伴者文学ロシア演劇7月16日5月14日5月2日最高峰ポセフ枠組み

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルガーコフの関連情報