ブルシャスキー語(読み)ブルシャスキーご(英語表記)Burushaski language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルシャスキー語
ブルシャスキーご
Burushaski language

カシミールの北西部,ギルギット地方にあるフンザ,ナガル両地区で約3万人の話し手をもつ言語。それより西方のヤシン地区で話される方言はウェルシクワール方言と呼ばれる。他言語との親縁関係は発見されていない。名詞に4つの類があること,動詞は2種 (現在,過去) の語幹接辞をつけていろいろな派生形をつくることが特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルシャスキー語【ブルシャスキーご】

カラコルム山中のパキスタン実効支配地域アザード・カシミールのフンザ,ナギル両地区,その西方のヤシン地区に住むブルショ人の言語。カジュナ語とも。話し手は2万から3万人。他に同系語が発見されず孤立的地位にある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルシャスキーご【ブルシャスキー語 Burushaski】

パキスタン領アザード・カシミールのフンザ地区,ナギル地区,その西方ヤシンYasin地区に住むブルショBurusho人の固有の言語。話し手は2万~4万人。隣接の民族からはカジュナ語Khajuna,クンジュティ語Kunjutiとも呼ばれる。インド・アーリヤ系,イラン系,チュルク系,チベット系の諸言語に取り囲まれて,その影響を受けてきたと考えられるが,文字がなく,歴史的変遷の過程は明らかでない。カフカス諸語,バスク語などとの比較も試みられたが,他の諸言語との系統関係は不明で孤立的地位に立つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルシャスキー語
ぶるしゃすきーご

カシミールの北西部、ギルギット地方のフンザ、ナギュールで3万前後の人に話されている言語。世界中のどの言語とも関係が明らかにされていない。文字はなく、過去の文献は残されていない。文法上の特色としては、名詞が、男性の人間、女性の人間、動物と一部の無生物、その他の無生物、の四つのカテゴリーに大別されていることがあげられる。1000までの大きな数は20と40の倍数として数えられる。[国広哲弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android