コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルームズベリー・グループ ブルームズベリー・グループ Bloomsbury group

2件 の用語解説(ブルームズベリー・グループの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルームズベリー・グループ
ブルームズベリー・グループ
Bloomsbury group

1907年頃から 30年頃までロンドンブルームズベリー地区にある L.スティーブンの娘バネッサ (C.H.ベルの夫人) およびバージニアの家に集った作家,芸術家,哲学者たちにつけられた名称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルームズベリー・グループ
ぶるーむずべりーぐるーぷ
The Bloomsbury Group

1906年から1930年ごろにかけて、ロンドンとケンブリッジを中心に活動したイギリスの知識人、芸術家のグループ。作家バージニア・ウルフ、E・M・フォースター、経済学者ケインズ、伝記作家リットン・ストレーチー、美術批評家ロジャー・フライ、クライブ・ベルClive Bell(1881―1964)、画家ダンカングラントDuncan Grant(1885―1978)らがメンバーで、哲学者バートランド・ラッセル、G・E・ムーア、政治学者G・L・ディキンソンGoldsworthy Lowes Dickinson(1862―1932)も先輩格としてこのグループにつながる。彼らの多くは名門の子弟で、19世紀イギリスの道徳主義に鋭い批判を向け、自由で懐疑的な知性、美と友情の尊重を信条とした。その活動は多面的で、それぞれの分野で20世紀文化の開拓者となるが、知性への信頼と洗練された美的感覚が一貫して認められる。エリート主義者として批判を浴びたこともあるが、自由人としての思想、芸術、生活を統一するのが彼らの理想であった。[海老根宏]
『クライヴ・ベル著、出淵敬子訳『ブルームズベリー・グループ』(1972・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルームズベリー・グループの関連キーワードサウスランド箸が転んでもおかしい年頃ロンドンアイロンドンブーツマデロンの悲劇ロンドン交響曲どんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジンマウ運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルームズベリー・グループの関連情報