コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロムワレリル尿素 ブロムワレリルにょうそ bromvalerylurea

5件 の用語解説(ブロムワレリル尿素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロムワレリル尿素
ブロムワレリルにょうそ
bromvalerylurea

有機ブロム誘導体の一種。ブロムラールブロバリンカルモチンなどの商品名で知られている。催眠剤。白色結晶または結晶性粉末で,無臭,わずかに苦みがあり,水に溶けにくい。1回 0.5gを用い,5~10分で発効して,3~5時間効力を持続する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブロムワレリル尿素【ブロムワレリルにょうそ】

化学式は(CH32CHCH(Br)CONHCONH2。催眠・鎮静剤。無色結晶または白色結晶性粉末,無臭,微苦味。商品名はブロムラール,ブロバリン,カルモチンなど。
→関連項目カルモチン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ブロムワレリル尿素

薬に含まれる成分のひとつ。鎮静作用があり、鎮痛薬、かぜ薬などに含有。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブロムワレリルにょうそ【ブロムワレリル尿素】

非バルビツール酸素の催眠鎮静薬の一。習慣性があり、向精神薬取締法の対象となる。ブロバリンは商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロムワレリル尿素
ぶろむわれりるにょうそ
bromvalerylurea

催眠・鎮静剤で、1908年ドイツのクノール社でブロムラールの商品名で初めて発売され、日本ではブロバリンやカルモチンの商品名でかつてはよく使用されたものであるが、現在では新しい薬剤にかわり、ほとんど使用されなくなった。催眠作用のほか、鎮痛作用と緩和な鎮静作用もあり、日本薬局方の製剤にはフェナセチン・ワレリル尿素散、ジフェンヒドラミン・ワレリル尿素散がある。通常、不眠には0.5~0.8グラムを就寝前に1回服用する。鎮静の目的では1日0.6~1グラムを3回に分けて経口投与する。ブロムワレリル尿素は無色または白色の結晶あるいは結晶性粉末で、においはなく、味はわずかに苦い。劇薬で、極量は1回2グラム、1日3グラムである。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブロムワレリル尿素の言及

【催眠薬】より

…まれに一過性の肝臓障害,腎臓障害がある。(3)脂肪酸ウレイド ブロムワレリル尿素がこれに属するおもな薬物で,鎮静作用と弱い催眠作用をもつ。0.5g内服で20~30分後には作用が現れ,3~5時間で消失する。…

※「ブロムワレリル尿素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブロムワレリル尿素の関連キーワードロムブロム剤ブロムホフカルモチンクロム鞣ブロバリンブロムクロムテープアブサロム、アブサロム!ブロムカリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone