コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロークンヒル Broken Hill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロークンヒル
Broken Hill

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州西部,シドニーから 1125km,ポートピリーから 410kmにある同国の代表的な鉱山都市。 1880年代以来の銀,鉛,亜鉛の世界的大鉱山があり,鉛はポートピリーおよびニューカッスル,亜鉛はタスマニア州のリスドンで精錬される。半乾燥地帯にあり,100kmにわたるパイプラインダーリング川から水を引いている。人口2万 3739 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブロークン‐ヒル(Broken Hill)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州西端の鉱業都市。19世紀末に鉛、亜鉛、銀の鉱床が発見され、資源採掘により発展したが、1970年代以降、衰退。周辺では牧羊が盛ん。19世紀末頃の庁舎や郵便局などの歴史的建造物、ラクダを移入したアフガニスタンやインドからのイスラム教徒が建設した同国初のモスクが残っている。
ザンビア中央部の都市カブウェ旧称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ブロークンヒル【Broken Hill】

オーストラリアの南東部にある鉱業都市。鉛・亜鉛・銀などの世界有数の産出地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブロークンヒルの関連キーワードロナルド・シドニー ナイホルムカルグーリーボールダーオーストラリアアフガニスタンローデシア人イスラム教徒マードックカブウェ人ルサカラクダモスク鉱床牧羊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android