コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼンバーナー Bunsen burner

翻訳|Bunsen burner

デジタル大辞泉の解説

ブンゼン‐バーナー(Bunsen burner)

ブンゼンが発明したガス燃焼装置。管の口からガスを噴出させ、横穴から空気を混入して高温を得ることができる。家庭用ガス焜炉(こんろ)にも応用されている。ブンゼン灯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブンゼンバーナー

1855年ドイツのブンゼンが考案したガス燃焼器具。ゴム管で導かれたガスは下部のノズルから噴出し,その勢いで空気孔から空気を吸い込んで管内で混合,上端で点火され,空気孔の調節で炎の状態を加減する。
→関連項目ガスバーナー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ブンゼンバーナー【Bunsen burner】

ブンゼンが1850年に考案したバーナー。ガスを噴出させ、その勢いで空気を吸い込むようになっている。都市ガスを用いて容易に千数百度の高温を得られるため、化学実験で広く用いられる。家庭用ガスこんろもこの原理を応用している。ブンゼン灯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブンゼンバーナー
ぶんぜんばーなー
Bunsen burner

1855年、ドイツのブンゼンによって実用化された化学実験用のガスバーナー。ブンゼンの創案した原型はその後いくつかの改良が施され、現在広く利用されているものは改良型である。円盤状の台座の上に金属製の管を直立させ、管の底部から燃料ガスを導入し、そこにガス流量と空気流入量とを調節するコックあるいは弁を設けるのが構造の基本である。それらのコック、弁の機能によって炎の大小、外炎・内炎比などの調節を容易に行うことができる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブンゼンバーナーの言及

【ガスバーナー】より

…予混合型は,燃料と空気をあらかじめ混合させてから燃焼を行わせる型式のもので,すすの発生のない高効率の燃焼が実現される反面,火炎がバーナー内部に侵入する,いわゆる逆火の可能性がある。代表的なものとしては,化学実験などで用いるブンゼンバーナーBunsen burnerがある。これは,1855年ドイツのR.W.ブンゼンによって発明されたもので,図に示すように,燃料ガスが,小さなノズルから噴出し,周囲の空気を同伴して予混合気を形成し,バーナー管を上昇して先端で燃焼する型式のものである。…

※「ブンゼンバーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブンゼンバーナーの関連キーワードF.von ウェルスバハバイルシュタイン反応ウェルスバハガス事業都市ガスストーブ炎色反応酸化炎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android